初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国は僕らの予想外のことをやってくれる。そこにシビれるあこがれ(ry

 世界の日本人ジョーク集を買ったのは夏ごろだったか。発売から時間が経っているのに最近では寧ろ書店で見かける数の多くなる新書は、他には国家の品格ぐらいなのではなかろうか。内容が抜群に面白いのは言うまでも無く、既読の方も本ブログ読者の中にも多くおられよう。

 さて、本書の中でも特に印象深かったのは「青いキリン」という小話である。記憶違いもあるやも知れぬが、そのあたりはご承知頂きたい。

 誰かが言ったのだ、「青いキリンを探してくれたら賞金を出そう」と。ドイツ人は図書館に行ってそんなキリンが実在するのかを調べ、イギリス人は専門家を集めて議論し、アメリカ人は軍隊を動員して世界を探しまわり、日本人は持ち前の技術でキリンを青くする研究を始める。最後に中国人は、そう。まあいかにも中国人らしいといってしまえばそれまでだが、あることをしたのだ。

 本書を未読の諸君は答えを考えつつ、このニュースを見ていただきたい。
続きを読む
スポンサーサイト

HOME次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。