初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横行する「0円詐欺」の次は「ゆびゆび詐欺」だ

 「おれおれ、おれだよおれ!」というのが一昔前に横行した、老人お年寄りを狙い電話を用いた典型的な詐欺である。「おれおれ詐欺」という言葉が流行ったのも記憶に新しい。

 しかし最近はそうした詐欺の手口は更に巧妙且つ悪質化し、ターゲットの年齢層も格段に下がっている。

 まず、彼らは電話ではなくその媒介手段をテレビにシフトした。つまりはテレビCMである、

 テレビCMは観る者に対して「理想のあなた自身」の像を提示し、それに憧れた消費者はそれ、つまり「理想のあなた自身」を求めに小売店へと走る。これが正常なテレビCMである。

 だが彼らの手口はこれとは違う。彼らは「なりたくないあなた自身」を提示してくるのである。

「キミちゃんにも電話するね」

「…あ、いいよ。私にかけるとお金かかるし…」

「そっか。ソフトバンクじゃないんだ」


 そうした非理想的な像を提示することにより脅迫する手口が横行している。夜9時までなら通話料が無料なのだとイヤらしいまでにアッピールしているのだ。そして予想外の0円、0円、0円!

 ほう、それは安いと買ってみて、いざ解約してみると5万円を請求されるのだという。違約金と機種代が含まれて解約手数料がバカ高いことになる。神戸では消費者センターに通報して事なきを得た例があるのだという。

 なんと恐ろしい「0円詐欺」よ。

 普通は「シェア考えたらDoCoMoのほうが圧倒的じゃね?」とか「auで割引活用したほうが安くね?」とかウィルコム同士だと24時間無料じゃね?」とか、そういうお話なのだが、どうも巧妙で悪質なのである「0円詐欺」は。

 そして更にごく最近登場した新しい手口の詐欺もある。

 それが「ゆびゆび詐欺」だ。

 まず彼らは調子のいいリズムにあわせて歌いながら現われる。松下奈緒「ゆび、きたっすね」などと指を見せながら笑顔で言う。これが松下奈緒でなかったらば殺意が湧いているに違いない。そして何だかキーボードのついたすげー端末が「ケータイの新ケータイ」などと謳われているのである。

395022291_22f89a5ff1_o.jpg

(画像:まず彼らは調子のいいリズムにあわせて歌いながら現われる。)

 ちゃんちゃらおかしい話だ。あのスライドキーボード付きの端末はW-ZERO3の使いまわしシャープ内のW-ZERO3とは別の開発チームが製作したPDAであって、あれは「ケータイ」などではない。e-mobileというキャリア自体の音声通話サービスが展開されるのは2008年の4月以降であり、更に通信の範囲は東京名古屋大阪など非常に限定された区域でしかない。そもそも端末それ自体が音声通話など対応しちゃいないのである。

one_02l.jpg

(画像:W-ZERO3の使いまわし

 それでいて「ケータイの新ケータイ」とは少々お粗末な話である。

 これぞまさに「ゆびゆび詐欺」だ。

395022461_8014874f4e_o.jpg

(画像:これぞまさに「ゆびゆび詐欺」だ)

 まあ今後は音声通話対応で長時間の待ち受けも可能な音声通話端末も出てくるだろうし、2008年4月以降はサービスエリアも全国へと順次拡大していくだろう。そしてその時こそがウィルコムの賞味期限となる。まあその頃にはウィルコムの通信も高速にはなってるんだろうけどさ、ある程度は。ある程度は。

 とりあえず賞味期限切れになるまでウィルコム使って、W-ZERO3シリーズからe-mobileのEM-ONEシリーズに乗り換えってトコじゃね?
スポンサーサイト

HOME次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。