初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007前期 視聴アニメリスト

(継続)=視聴継続決定
(仮継続)=暫くは様子見で視聴
(断念)=視聴続行断念
(保留)=検討中、または未視聴だがいずれは観る予定



ぼくらの(継続)

 いや、この作品がアニメ化なんて考えられないではないか。
 マイナー雑誌IKKI連載作品の、中二病を突き詰めたような鬱漫画、その作者の前作「なるたる」のアニメ化作品は原作無視の超展開エンドで未完に終わっており、更に悪いことには今回のアニメ化を担当する製作会社は「原作クラッシャー」と名高き「GONZO」なのである。
 ああ、僕の好きな作家の、好きな作品が、汚されてゆく。
 そう思いながら視聴した第一話を見る限り、どうだろう。OP/EDの音楽・動画のセンス・演出ともに文句のつけようのないクォリティーで、肝心の本編も原作を最大限に尊重しつつも、メインキャラクターの人物像を彫り下げる補完的なエピソードも追加しつつ、ジアースのCGもGONZOらしくいい出来映えなのである。
 立ち読みしたアニメ誌によると、ジブリ作品の製作にも携わったスタッフが、「彼らに救いのあるエンドにしてもかまわないか」と作者にかけあったようで、その質問に作者の鬼頭模宏も「夢オチのように投げ出す形でなく、きちんとケリを付けるならばかまわない」と返答している。
 今のところは何の不満もないので、全てはオチにかかっている。最後の最後で、悪い意味での「GONZO超展開」や「なるたるエンド」になれば全てが台無しだ。原作継続中の作品を短いクールで収めなければならないのは至難だ。この作品の評価は製作スタッフの技量とセンスに全てが掛かっていると言っても決して過言ではないだろう。


機神大戦ギガンティック・フォーミュラ(継続)

 どうもブレインズベースの作品は、スタッフロールを見ずともわかってしまう。
 「かみちゅ!」の第一話では「これなんてジブリ」と思わせ、「イノセントヴィーナス」の第一話では「これなんてIG」と思わせてくれるほど、同社の作品は「第一話が」極めてハイクォリティーなのだ。
 今回のギガンティティックは、さしずめ「これなんてBONES(たしかラーゼフォン、エウレカセヴンの原作者集団だっけか)」と言ったところだろうか。
 今回もうまく他社作品を装ってのブレインズベース作品第一話なのだが、でもやっぱり同社の作品だとわかってしまう。
 そう、メインヒロインの顔が必ず膨れるのだ。ほっぺを紅潮させて膨らませる。僕の最近観たブレインズベースの作品は例外なくそうなのだ。
 あとは世界観設定を冒頭部分で垂れ流してくれた点だろうか。「イノセントヴィーナス」でも思ったのだが、最初に説明台詞で世界観を長々と語る演出は非アニメ的で好きじゃない。世界観を「台詞で見せる」のではなく、物語の進行と同時に「映像で魅せる」ようにしてほしい。
 しかしすごいのがこれね、スホーイと一緒に攻めてきた中国の機神が「これなんてラーゼフォン」なのね。ついでに日本の機神はレイバー98式イングラムのアタマとスーパーロボットごっちゃまぜなのよ。
 調べてみたらすごいわすごい、ロボットデザインが名の知れたクリエイターばかり。もちろん、パトレイバーのロボットデザインでラーゼフォンの監督なイヅブチもいる。他にも有名ロボット作品のロボデザが大集合。
 世界観も悪くはないよね。寧ろいい。ロボット同士の戦闘を世界統一のための代理戦争に用いるって言うSF的なそれもいい感じ。藤子不二夫のSF(少し不思議)作品にも、地球の命運をかけて一般人と宇宙人の代表それぞれ1人が代理戦争をするっていうのがあったけれど、それと通じるものがある(ような気もしたが、案外そうでもない)。
 リアルロボットの極地みたいな世界観設定に、豪華なデザインのスーパーロボットを、CGで(今のところ)かなりいい仕事でバリバリ動かしてくれます。「イノセントヴィーナス」のロボットのキモいCGの動きなど嘘のようですね。期待して全く問題ないかと


ヒロイックエイジ(継続)

 GONZOとブレインズベースが本気でSFロボットものを繰り出してきたわけですが、SFと言えばXEBECです。
 かの名高きSFアニメ作品「機動戦艦ナデシコ」「宇宙のステルヴィア」「蒼穹のファフナー」等は、全てジーベックの作品群です。
 彼らにひとたび所謂「萌えアニメ」など作らせようものなら、韓国の下請け会社に丸投げしたとしか思えない、かの「ネギま!(第一期)」や「陸上防衛隊まおちゃん」などの「愛すべき駄作」がたちまちにできあがりますが、SFモノは全くの逆で、基本的に上玉ですよ。
 今回のジーベックの布陣はどうみても「蒼穹のファフナー」と同じ、つまり「かなりガチ」です。企画プロデューサー、キャラクターデザイン、脚本、さらにはオープニングの歌手までもがファフナーと同じで、その脚本家も評価の高いファフナーの後半部分を担当していたウブカタです。ファフナー以降、関係の悪化したスターチャイルドもCD販売に関与しており、ヒロイックエイジで頼を戻したようにも見えます。
 というか、ヒロイックエイジがアニメ誌にて紹介される直前まで、Wikipediaの「蒼穹のファフナー」の最初の項目は、確かに「盗作疑惑」でした。これは途中で脚本家が変わるまでのファフナー前半部分が新世紀エヴァンゲリオンに随所で酷似していたという内容で、更にこの作品によってジーベックとスターチャイルドは仲が悪くなったという内容の項目でしたが、ヒロイックエイジが話題にのぼりはじめてから、何故かファフナーのその盗作疑惑の項目だけがすっぽりと欠落しているのです。不思議ですね(ぁ
 それにしてもアンジェラいいよアンジェラ、エイジのオープニングは神。ファフナーのShangriLaも最高。ステルヴィアのもよかった。ジーベックお抱えの歌手なのかな。
 内容はもう文句なし。黙って観ろ。断然面白い。


↑本命



↓other


MOONLIGHT MILE(継続)

 WOWOWで放送中のリアルな近未来SF作品。立ち読みした雑誌に掲載されていた原作に衝撃を覚え、これは観るしかないと思い、視聴中。
 マイナス50度の極寒を耐え抜くロッククライマーなら、過酷な月面の温度でも、という発想には思わず納得。月面探査と各国の陰謀などが面白い。
 原作も大人買いしたけど、いきなりヤりまくりじゃねーか。どうもアーマードコアの漫画版と同じ作者っぽい。


陸上防衛隊まおちゃん(仮継続)

 あああ、懐かしい!赤松建が企画担当、ジーベック製作の「愛すべき駄作」の再放送じゃないか。
 国会議事堂で議員を怒鳴り散らし黙らせる幕僚長が文民統制の崩壊を感じ、リアルな階級と泣いて防衛費計上を訴える美少女にシュールな笑いを見いだせた者こそが勝ち組だ。
 萌えを国策に利せんとする文化外交論が台頭する今こそ、見直すべき作品なのではないか。
 個人的にはOP/EDは新より旧の方が好み。


魔法少女リリカルなのはStrikerS(仮継続)

 作画云々ボヤかないのが信者の鉄則のようで、どうも首を傾げる。1,2に続き3期も神OPソング。CG使用の戦闘シーンなど魅力的な要素が多い。主人公の年齢が10歳から19歳に上がっちゃうというのは、ファンからの反発はどうだったのかは気になるところ。観ようにもヒロイックエイジと陸まおの裏番組/^o^\フッジサーン


神曲奏界ポリフォニカ(仮継続)
 素晴らしい、とてつもなく素晴らしい。第一話時点で既に作画が崩壊気味で、スタッフロールは三文字(=特亜人)が乱舞し、作画監督3人が三文字という凄まじいヤシガニ・キャベツフラグ。アニメ業界の飽和状態のシワ寄せが今、ここにきているのだ。ニーソックス万歳!


アイドルマスター XENOGLOSSIA(保留)

 原作がどう見てもキモヲタ向けなので敬遠していたが、アニメ誌で見たときはそこまでアレでもなかった記憶。寧ろロボットに萌え。萌えカスにガチロボットをぶち込むネタアニメなら観る、違うなら切る。


天元突破グレンラガン(断念)

 天元ってのは囲碁の盤の中央のことかな、どうせ関係ないけど(ぁ
 ガイナックス製作っぽいけどねえ、カレカノ以降のガイナ作品ってそこまで出来のがいいのは多くないわけだし。
 なんかロボットのデザインもリアルロボット右派の俺は受け付けない。というかリアルロボット左派でもスーパーロボット派でもこのデザインは微妙なんじゃね?
 今期観るアニメが増えすぎても困るし、とりあえず断念で。


FLAG(保留)

 これは今期っていうわけじゃないけれども、リアルロボットの父、高橋亮輔が監督のネット配信アニメ。カメラ目線で話が進行する斬新な演出、戦争とジャーナリズムというテーマは、高橋の著書であるDEAD POINTや、世界各地に派遣される国連平和維持軍の活躍をカメラに収めるという設定のTAレポートなど、ガサラキからのスピンオフ企画がFLAGの原型となっていると思われる。(例えばデッドポイントとフラッグの主人公の名前は同じく赤城だ)
 ただ観る機会を逃してしまったので、ここはBitCometさんにお願いするしかない(ぁ

DARKER THAN BLACK(保留)
  
 OPがよかったと記憶。気になる


瀬戸の花嫁(断念)

 原作のイメージ通りでなおかつノリのいいOPと、テンポの悪くないギャグが続くGONZOのアニメ。原作は巻が進むにつれて観るに耐えない絵になるが、こっちはそうなる前の絵を元にしたキャラクターデザインだから違和感がない。ちょっと嬉しいじゃないか。
 仮継続か断念か迷った末、今期の視聴継続作品の多さが原因であえなく断念。


流されて藍乱島(断念)

 僕の嫌いな典型的な「萌えカスアニメ」なんだけど、1話はぐいぐいっと見入ってしまったのが不思議。うーん、保留かな、とは思ったけど、瀬戸の花嫁と同じ理由で断念。


sola(断念)
 エロゲ原作アニメは総じてゴミが多いが、まだ良いほうの希ガス。特にOPとか


らきすた(断念)
 これもOPが京アニらしくて良い以外に面白い点を見出せないので断念します。大人しく原作を読んでたほうが吉


一騎当千(断念)

 学園バトルものは好きじゃない、好みの問題として。塩崎はゾイド惑星でも描いてるといい(ぁ



総評:
 「萌えカスアニメ」で全てが埋め尽くされていた前期など最早嘘のようだ。ぼくらの、ヒロイックエイジ、ギガンティックなどの硬派なSFロボットアニメが三本も観れるのは率直に嬉しい。観れるアニメがコードギアスだけとかいうお寒い状況は脱した。

 エロゲやラノベが原作の学園ラブコメまたは異能者バトルな萌えカスアニメの比率が今後も低下することを切に願う。

 今期のヤシガニは間違いなく「神曲奏界ポリフォニカ」で確定。とりあえずアニメにしとけば売れるんじゃねえの、とハルヒやシャナあたりを見て思ったお偉いさんがズレた商売根性丸出しで、現場無視のテキトーな予算で無理やり作らせてるという印象。ニーソとED以外に観るべきものがないというアレっぷり。そもそも原作が抽象的な表現満載なのに、この三文字作画のスタッフにそれらを映像化できようか。

 一方で熱すぎるのが「ぼくらの」なのは明々白々ではないか。全ての点において秀逸。演出、人物描写、アレンジもアニメという媒体を活かし、原作の魅力も損なわない。コエムシの声が石田(アスランとかカヲル君な)、アニメオリジナルのオチが不安、というのはネックだけれども。オープニングは神、間違いなく神。「おおええああええおおああええwwwっうぇwwwwwwwwアーニーソーン、アーニソーン♪」も中毒になった。頭の中を無限ループ状態、もうCD発売が待てない!

 ロボが熱い、SFが熱い。アタリが多い。今期は大豊作なのである。だーから寝不足にもなるわけか(ぁ





【関連】

ぼくらの 番宣
http://www.youtube.com/watch?v=x7jl7BbMGCE
スポンサーサイト

HOME次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。