初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
お見事。こういう切り口はグウの音も出ません。
>酒でも飲んでんじゃないだろうか
いつもあいすみません。
本当は私、大変臆病ななのです。
酒飲みついでに・・・
911テロ。
あると思いますよ。
省庁や金融関係のネットワークが一斉にダウソとか。
彼らが918等自国の記念碑的期日に合わせずに、
ターゲットとする国が最も衝撃を受けるであろう日に敢行するという行為をし始めたその時こそ、
彼らは真のテロリストへと昇華する事でしょう。
期は熟し、サイは投げられたように感じます。
と、支那に限らず、
同じように日本を注視し続けてきた海外の積極的介入派が、
この日を逃そう筈もないでしょう。

飛躍しますが、
個々人が常にその危機感を持つ。
これほどの防衛策はないと思います。

うーん、うーん。
だからまだがんばるお。
2005-09-07 水 20:10:18 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

「民主党が沖縄を中国に売却」を検証する

保守的な掲示板やブログなどで語られる「民主党が沖縄を中国に明け渡す」といった主張を考えてみた。
それらの代表的な論調が反映されるフラッシュを見つけたのでそれを見ることにする。

沖縄・日本を守れ
http://www.geocities.jp/japanguardian/

米軍基地の削減は当然だが、民主党が自主防衛の姿勢を明確にしているわけではなく、
防衛費を5000億円削減すると言っているから、大きな矛盾である。
中国語の教育って言うのは、別に公用語に中国語が取って代わるわけでもない。
例えば、北海道民はロシア語を教育課程で必修し、コンビニのアルバイトでも
簡単なロシア語が必要となる。北海道の公用語がロシア語なんて話もあるわけない。
実際はそんなものだろう。
「一国二制度」で香港の中国統治例を挙げるのもわからない。沖縄を中国に差し出す、
つまり「一国=中国」「二制度=資本主義、社会主義」というわけではなく、
あくまで「一国=日本」「二制度=中央、地方」という意味ではないのか。
一国二制度を中国側から見て中国に沖縄を献上する政策って考えるのはどうなんだろうな。
大体なんだ、自衛隊を派兵できないと言うのは。一国二制度になると自衛隊を派兵できないのか?
香港の場合は、基本法に「国防は中国の管轄」と明記している。

香港 中国人民解放軍
(一国二制度の香港にて国防は中国政府の管轄だ 写真は香港駐留人民解放軍)

まあ、何にせよ説明不足だろう。基本的にどの政党も安全保障についてはあまり触れない。
「日本人が離島」とか「沖縄が中国と安保条約締結」とか「大規模テロで日本人粛清」とか
「中国人が沖縄を独立宣言」とか、とりあえずこのフラッシュからは「誇張しすぎ、煽りすぎ」という
印象を受けざるを得ないが、ビザ免除や国家主権の委譲とか、書いてる時に
酒でも飲んでんじゃないだろうかと思う文言もある。
一国二制度よりも、日本が沖縄を責任をもって統治し、守ってやるべきじゃないのか。
そして沖縄の国際化を日本国民が望むのか、沖縄県民が望むのかが最も重要だろう。
民主党は左側にも媚を売る作戦のようで、安全保障政策が明言されない傾向が顕著である。
マニフェストの外交・安保に中国の文字が見られないのは至極残念である。社会保障に関しては
充実しているが、その社会保障を支える国家の安全が保てないようではどうかと思うのだが。
第四の自衛隊である特務自衛隊或いは戦略自衛隊国連待機軍構想や
国連決議に基づいてのみ集団的自衛権の行使を完全に容認するとした安全保障政策を
ぶち上げた民主党なんだから、それぐらいの奇抜な、日本国民の生命と財産を守る
他党とは一線を画した安全保障政策をお願いしたい。


※「沖縄の一国二制度化に賛成するのか!」と怒られそうですが、ちゃんと読めばわかるように、
「沖縄一国二制度化への反対意見も変なのが多いですねー」という批判のスタンツをとりつつ、
一国二制度化のそれ自体には私としては反対をしています。
スポンサーサイト


コメント

Non Title
お見事。こういう切り口はグウの音も出ません。
>酒でも飲んでんじゃないだろうか
いつもあいすみません。
本当は私、大変臆病ななのです。
酒飲みついでに・・・
911テロ。
あると思いますよ。
省庁や金融関係のネットワークが一斉にダウソとか。
彼らが918等自国の記念碑的期日に合わせずに、
ターゲットとする国が最も衝撃を受けるであろう日に敢行するという行為をし始めたその時こそ、
彼らは真のテロリストへと昇華する事でしょう。
期は熟し、サイは投げられたように感じます。
と、支那に限らず、
同じように日本を注視し続けてきた海外の積極的介入派が、
この日を逃そう筈もないでしょう。

飛躍しますが、
個々人が常にその危機感を持つ。
これほどの防衛策はないと思います。

うーん、うーん。
だからまだがんばるお。
2005-09-07 水 20:10:18 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

民主党の愉快な仲間達
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。