初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
MI6も必要ですが、日本のMI5の方はどうなんですかね。
オウムの時に少し名前が出てきたような気がするけど、公安は大丈夫なのかな。

2005-09-16 金 03:27:35 /URL /ta /編集

コメントの投稿


秘密にする

【日本版MI6】町村外相の私的懇談会が対外諜報機関設置を提言

対外情報機関設置を提言 有識者懇、英MI6「参考」に

2005年09月14日11時56分

 今年4月から協議を続けてきた町村外相の私的懇談会「対外情報機能強化に関する懇談会」(座長・大森義夫元内閣情報調査室長)が報告書をまとめ、外相に提出した。英国の秘密情報機関「SIS」を念頭に「特殊な対外情報機関」を外相の下に設置するよう求めている。



 現在、外務省では、国際情勢に関する情報の収集と分析、調査のために国際情報統括官をトップとする組織があり、各地の大使館員らが日々の活動を通じて情報収集する体制になっている。

 報告書は、現状について「不十分と言わざるをえない」と指摘。専門的な教育や訓練を受けた「情報担当官」を大使館などに配置し、「情報収集活動に特化した活動を組織的に行っていく必要がある」と提言している。

 さらに、「場合によっては通常の外交活動と相いれないものがある」と踏み込み、「特殊な対外情報収集活動を行う固有の機関」を外相の下に置くのが妥当だとしている。この中で、英国の秘密情報機関「SIS」にも言及し、「わが国としても参考になる」と位置付けている。

 SISは「MI6」とも呼ばれる秘密情報庁で、機構上は外相のもとに置かれている。海外でのスパイ活動などを展開していると見られるが、活動内容の詳細は不透明な部分が多いとされる。

 また、報告書は、国内の法制度についても「秘密保全に関する法体系が未整備」と批判。「秘密に接する者」を対象に「法的義務を課す制度の確立」などを提言した。

 懇談会は、拓殖大海外事情研究所の森本敏所長や江畑謙介客員教授ら5人で構成されている。


2004年4月の邦人拘束事件より本格的な情報機関の設置を主張していた当サイトでは、
この報道を喜ばずにはいられない。まあ、以前からも町村外相とその私的懇談会は
情報機関の設置に熱心である。だが、以前は「内閣情報調査室を日本版CIAに」との
主張だった。内閣情報調査室は世論調査やらの事務的な仕事を専門としており、
やはりあまり現実的ではなかったようだ。そこで選択されたのが「新情報組織の創設」だったのだろう。
自民党3分の2で多くの国民が何か「怖さ」を感じている昨今だが、こういう提案も通せる
可能性をはらんだ、まあ、チャンスにもなりえるのである。
情報戦、情報収集機能の拡充を目指す町村外相と懇談会に期待したい。
スポンサーサイト

コメント

Non Title
MI6も必要ですが、日本のMI5の方はどうなんですかね。
オウムの時に少し名前が出てきたような気がするけど、公安は大丈夫なのかな。

2005-09-16 金 03:27:35 /URL /ta /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。