初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

タイトルなし

20050918180008
なんか色々大変である。
本屋に行ったのだが、お目当ての本がない。
「ぱにぽに」3巻の購入を画策したが、当該の巻数のみが見あたらない。
まさにミッシングリングである。
ということで「勝手に改蔵」の作者クメタの描く「さよなら絶望先生」なのだが、
カバーのあらすじや次回予告は改蔵同様に架空のものであるようだ。
いきなり「左翼ゲリラ」である。
にしても政治ネタ濃くないか、絶望先生。
進路絶望調査というネタ、まあ著名人のできないことランキングなのだが、
「自民党」「1位 年金」「2位 竹島」「3位 尖閣諸島」である。
「すごいことなのに陰に隠れてしまうんです!」で「中国」「韓国の」って
マガジン的には大丈夫なのか。
他にも同誌の政治マンガ「クニミツの政」を皮肉したネタや「常任理事国」などの政治用語も多数。
マガジン移籍を果たした久米田のはっちゃけぶりは見ていて楽しい。
「ワークワーク」の藤崎も拾ってくれないかな、マガジン。
あの画力で同人作家は勿体無い。
話が高尚すぎたのだろう。
「サクラテツ対話篇」もキャラクター名に高尚な伏線を仕込んだのだが、
多くのジャンプ読者には理解されなかった。
そういえばサクラテツに出てくる「自衛軍」の名称が単行本では「自衛隊」に修正されているが、
ワークワークでも自衛軍だったな。
思い入れがあるんだろうか。
話が脱線した。
「これが私のご主人様」最新巻をさよなら絶望先生と購入するつもりが、ガイドブックだったのでレジで焦る。
やめて別の本に変えてくるつもりが、購入済みの「NHKにようこそ!」3巻を持ってきそうになる。
やっぱ何か買わんと胸くそ悪いので電車男をさよなら絶望先生と購入。
電車男って4冊ぐらいマンガが出てるが、チャンピオンレッドコミック版を買った。
何だ、チャンピオンレッドコミックって聞いたこと無い。
まあいいや。
指が疲れたので終わり。

携帯から更新
画像は帯が変わった嫌寒流
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。