初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
あぁ、あれですね。私も気付きました。
よりによって東条英機の孫でしょ?あの人。
意図的にカットしてたねぇ。

2005-10-18 火 01:17:51 /URL /靖国参拝賛成 /編集
Non Title
蠢猪,就日本人不承认日本侵害中国,除了日本人,世界人民都知道。

2005-10-19 水 14:22:59 /URL /ljklkj /編集

コメントの投稿


秘密にする

靖国神社参拝に関する報道姿勢<上>印象操作を繰り返すTBS NEWS23

News23は最悪である。

靖国神社そのものへの存在については容認する論調にシフトした。
靖国神社の存在を踏まえつつも、「参拝の形式に関して不満がある」という声を
前面に出した形
となった。
コメンテーターも「個人参拝はいいが総理の参拝は駄目」とかわけのわからんことを言う。
さらに、靖国神社と言うよりもA級戦犯合祀が駄目、と庶民でも観るに耐える意見を
選び出しながら総理を批判している。もちろん、小泉の参拝形式は確かに問題である。
靖国神社や遺族の立場、日本人の意識なども考えるべきである。

ただ、ここまでくれば中韓の圧力に屈せず5年間、5回続けて参拝と言うのはもちろん
それなりの賞賛に値する
だろう。
だが、小泉が参拝形式を蔑ろにした経緯は特定アジアの圧力はもちろん、
国内反日マスコミにある。特にNews23なぞは公的参拝を問題にしてきた。

しかし今回の番組の作りは明らかに「私的」「公的」から「参拝形式」に追及する点が
大きくシフトしていた
のである。
私的参拝を声高に叫んだがゆえに、公的参拝という色を完全に排除して完全なる私的参拝となり、
結果として参拝形式が崩壊したのである。

批判ありきの批判、批判の為の論点。なかなかNews23は面白い。
様々な意味において、だ。

最も最悪であると感じたのは、テロップと音声である。
というか、あれは「報道のTBS」と呼ばれたTBSの報道番組の根本的な欠陥なのか。
石原都知事発言捏造事件の反省は何ら活かされていない。
靖国に参拝に来ているお婆さんに、小泉の参拝についてJNNが意見を求めた。
すると、おばあさんは答えた。
小泉首相が参拝すること自体については肯定的な意見を示しつつも、
「礼儀作法を弁えない参拝だなあと」
ここでお婆さんの発言が不自然に打ち切られる。
テロップは「礼儀作法を弁えない参拝」であった。
ただ、残念ながら録画はしていなかったので正確さに欠ける。すまない。
(News23のジジイの話を聞く時間があったらNEWSJAPANにチャンネルを変える。今日の録画はNJのみ)
別のJNN(TBS)の報道番組ではあの発言には続きがあった。
「遺族としての不満はあったが、よくぞ参拝してくれた」と言っていた。
(N23やJNNの報道を録画した人、キャプとかテープ起こしできますか?確認したいです)

他のJNN報道では続きがあった、ということはつまり、全ての発言が収まっていた
インタビューのテープを、意図的に都合のいいように切り出し、改竄して報道したのだ。
これは明らかにNews23の意図的な印象操作である。

繰り返された印象操作からはTBSの根本的欠陥が浮き彫りとなる。謝罪も意味が無かった。
TBSなど村上ファンドに買収されて妥当であり、News23製作スタッフの一新が必要不可欠である。


次回・・・靖国神社参拝に関する報道姿勢<下> CASE2:NEWS JAPAN
スポンサーサイト


コメント

Non Title
あぁ、あれですね。私も気付きました。
よりによって東条英機の孫でしょ?あの人。
意図的にカットしてたねぇ。

2005-10-18 火 01:17:51 /URL /靖国参拝賛成 /編集
Non Title
蠢猪,就日本人不承认日本侵害中国,除了日本人,世界人民都知道。

2005-10-19 水 14:22:59 /URL /ljklkj /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

小泉首相が靖国神社に参拝した事に関して、特定アジアの国・中国や韓国から非難の声が上がっています。でも、他のアジアの国々ではどうでしょうか?インド・インドネシア・カンボジア・シンガポール・スリランカ・タイ・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・東テ
台湾の国連への再加盟の動きが細々とあるらしい、と聞いて軽い衝撃を覚えた。そういういいアイディアがあるのか、と。結論から言うと、台湾が国連に加盟することは日本の国益にとって非常に重要であり、常任理事国入りの可能性を犠牲にしてでも、支援すべき
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。