初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

靖国神社参拝に関する報道姿勢<下>それゆけ!NEWSJAPAN

xoops版、旧専守防衛にて多方面から多くのご好評を頂いたNEWSJAPANシリーズ、ついに復活です。


200510yasukuni001.jpg

200510yasukuni002.jpg

hannnitidemo_douituzinnbutu.jpg

200510yasukuni003.jpg

200510yasukuni004.jpg

200510yasukuni005.jpg




「アジア」からの批判が大きく取り上げられる各局の報道。
論調は全て靖国神社参拝反対をにじませたものばかり。
論調を変えて、印象操作に乗り出すプロパガンダ放送局まで出てくる始末。
お茶の間に流されるニュースは全て靖国参拝反対に染められる。


靖国神社参拝の意義をまともに言える報道番組はこの日本には存在しないのか!?


















2005年10月17日放送 NEWSJAPAN


中韓両国を中心とした隣国
への配慮をにじませ、粛々と、しかし心を込めた私的参拝となったというわけです。
では和田さん、なぜこの時期に私的を強調とした参拝となったのでしょうか」

「大きな理由は郵政民営化法が成立したことと、来月頃になると
日本の外交日程に中国や韓国の絡むものが多くなって、参拝しづらくなると言うことが
あります。ただ私的と言う面にだけ注目しますと、問題の半分を見落としてしまうと
思うんです。私的とは言えども総理と言う公人が5年も連続で参拝したわけですから、
これは紛れもなく外交上の意思表示、外交政策と言っていいと思うんです。
小泉さんには参拝を続けることで、総理の参拝を対外的に当然のことにさせてしまおう
という狙いがあるんです。なぜ批判を承知の上でそんなことをするのかと言いますと、
そこには日本の文化ですとか、一線を越えさせてはいけない日本の主権という
守るべきものがあるからなんです。
ですから総理の参拝の是非を判断する際には、
小泉さんの外交上の狙いというものを我々は知っておく必要があると思うんです」

「まあ、戦後の妙な歪みを正していく良い機会とも言えます。
いわゆる隣国も冷静に判断して、未来志向を模索する時期に来ているのではないでしょうか」




「特定アジアのことを他局報道番組ではアジア諸国と呼びますが、
ホーサイさんは『いわゆる隣国』『中韓両国を中心とした隣国』と呼んでいるところがポイントです」

※ホーサイ・・・メインキャスター松本方哉(まつもとまさや)の愛称である。
滝川クリステル、和田解説員、箕輪解説員とともに、恐いものなし報道番組NEWSJAPANを盛り上げる


「マスメディアがアジアと言った時に指す国は基本的には
中国、韓国、北朝鮮などと言った特定の隣国である場合が実に多いですからね」

「そのために特定アジアという用語があるのです」

「うるせぇアル。
大中国にたてつく小日本の妄動分子の報道機関など我々が報道管制してやるアル。
13億人を黙らせている偉大なる共産党の報道管制はダテじゃないアル

「はぁ?」

「どこぞの共産主義一党独裁国家とはわけが
違うのですから、従う言われは無いのではないでしょうか」

「韓国民も怒っているニダ。イルボンに日の丸を食べて抗議しているニダ」

「イルボンに日の丸を食べて抗議しているニダ」

「これは民度の違いなのだと思いますね」

「私たちNEWSJAPANは報道の自由への干渉を認めるつもりは
ありません。中韓を中心とした隣国に屈して報道姿勢を曲げるつもりも一切ありません」

「話し変わりますけどホーサイさんって目付き悪いですよね」

「・・・」


【関連】

痛快、NEWSJAPAN!韓国の暴挙に松本節炸裂!
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-21.html
滝川クリステルジェネレーター
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-164.html
News JAPAN OFFICIAL WEB SITE
http://www.fujitv.co.jp/nj/index2.html
くりろぐ
http://funapon.info/chri/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。