初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-11-12 木 14:07:26 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-03-18 木 11:48:46 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

News23愛国心シリーズ最終日 「右傾化する若者」と 区別すべき2つのネット保守言論

News23の愛国心特集最終日
「ニッポン人と愛国心 なぜ今愛国心」

n23aikoku04_002.jpg


今までの留守電と言う方式はこのためだったのか。

n23aikoku04_005.gif



n23aikoku04_008.jpg

精神科医・帝塚山学院教授 香山リカ

就職を恐れる若者像
自己の価値観変わる世の中に問う

http://www.gks.co.jp/y_2001/interview/talent/kayamarika.html
 鋭い社会批評、若者論で時代の先端を行く精神分析医、香山リカさん。5年前から大学で教授をしている。
 ある企業人から「大学の先生ほど罪な仕事はないですね。前途有望な若者を大学に閉じ込めて、4年かけてすっかり使いものにならなくしてところで、社会に放り出すんだから」と言うのを聞いた香山さん。「自分もその一人なのか」と震え上がった。就職しない若者像を、若者心理から分析する。
 「多くの大学生に会って、彼らがいかに自信を喪失しているか、自己肯定意識が低いかと考え続けていました」。
 5年後は分からない、ましてや10年後はもっと分からない時代。本当にやりたいことが10代や20代で決定できるなんていうこともないはず。
 現実の社会にいる大人自身が、自信をもって説得も出来ない情況にあることを踏まえたい、とも言う。


精神科医とか就職を恐れる若者だとか自己の価値観だとか言ってる辺りから、
もうどういう分析がなされるかの大よその予想がついてしまうのがアレだな。

↑見事に当たったな

n23aikoku04_012.jpg

なぜ韓国や中国に対する反感を抱いたか、というのが欠けてるかな。
「"ナショナリスティックな"愛国心」(?)を社会不安や災害と結びつけるアホっぷりはどうかと。
健全な愛国心は公共心として上手く区別してもいるようだ。
自己肯定感の低下によって、国に頼る、すがる。
自分に自身を持ちたいから愛国心をもつ。
News23のシリーズ特集で一貫して言われたことと同じだ。

香山「相手が自分たちを迫害しようとしていると勘違いしている」
「現実を見ているようで現実を見ていない」


嫌韓流でもそうだが、漠然とした反対論ばかりで具体的でない意見ばかり。
中国韓国が悪いという部分を「勘違い」と一蹴したのに笑う。
個人の不安や現実での自分に対する迫害(?)を、日本に対する中韓の圧力と
かぶらせているとでも言いたいのだろう。

現実を見ているようで、というかよくわからない。
何が現実でないかの具体例を挙げた頂きたかった。

mumur氏も指摘していたものに非常に共感した部分が多かったのだが、
まさにそうだと思う。ネットで反中嫌韓や保守的言論を書き綴る人たちを、
1つのものとして括ってしまう事に無理がある。
mumur氏は愛国心ゆえに反中嫌韓である人たちと、反中嫌韓それ自体を楽しむ人たちの2種類に分けた。
こうすれば非常に明快ではないか。
ネット媒体の登場と発展は中韓の真実と、中韓を婉曲・美化して伝えるマスコミを
明確に映し出した。中韓が如何に異常であるのか、そしてその異常を隠し、婉曲美化する
マスコミの異常性。筑紫哲也にとって「便所の落書き(=ネット)」は敵である。
ネットの信用性を落とさなければ、マスコミの信用性がネットに落とされる。
だからネットでの言論の信用性を落とそうとマスコミ、というか特に筑紫のN23は必死なのである。
ネット言論の保守化は愛国心に基づいたものでは必ずしも無い。
ただ中韓の異常性がネットによって明らかになっているから、ネットを利用しているユーザーが
ネットに中韓に対する不信感を書き綴っているだけの話。それを理解できないのが反日マスコミ。
今では「愛国心ゆえに」という人よりも「中韓への不信感から」の方がかなり多い。
だからネット上の反中嫌韓、保守言論の全てを愛国心によるものだと決め付けると見誤る。
だからmumur氏の2種類の区別の規定は非常に重要。
中韓について直視できない反日マスコミがそれらを理解できない、したくないのは
仕方の無いこと。だから基本的に反日マスコミのネット批評はほぼ全てが頓珍漢な分析。
もっとも、再確認するが、ネットは反日マスコミの信用性を落とす。
落とされる前に反日マスコミは、自身の信用性を落とすネット社会そのもの、
とりわけネットの反中嫌韓傾向を徹底的に叩いて先にネット側の信用性を落とす必要がある。
中韓を決死擁護する、してきた反日マスコミの焦燥が垣間見えてくる。
News23がネットを叩き、ぶっとんだ分析をし、「愛国心=社会不安に起因、若者の自己肯定」などと
印象操作をするのは至極当然のこと。ただ、そうした「反中嫌韓」が「愛国心」に変わる者も
決して少なくないはずだ。反日マスコミへの監視を怠るな。
そして印象操作に騙されるな。

n23aikoku04_020.jpg

「巷には何かにすがりたいと言う気持ちが充満している」「国家に頼ろうとしている」
これもNews23の愛国心特集でNews23が視聴者に印象付けたかったことだ。
上手い具合に乗せられちゃってますね。まあしょうがないかな。
演出上手いんだもん、News23。印象操作は天下一です。


n23aikoku04_025.jpg

他事争論「不安への捌け口としての愛国心」
まあ、これも予想の範疇では。

News23は自己肯定のために自分自身の強さや誇りを国家に求めているがゆえに愛国心が
発露している、ということを証明するために都合のいい意見を寄せ集めている感があるな。


【関連】

筑紫哲也のNews23「ニッポン人の愛国心 ネットで増殖する誇り」偏向報道と頓珍漢な分析をまったりヲチ
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-206.html
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-11-12 木 14:07:26 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-03-18 木 11:48:46 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

日本シリーズ放送延長で1時間遅れのNEWS23、特集は【シリーズ・ニッポン人 日
既存のマスコミによるネット分析に日ごろから「なにかずれてるんだよな~」と思っていましたが、昨日のTBSの特集を見て自分の中に鬱積していた思いがなんなのかようやく思い当たりました。今まで、マスコミュニケーションというのは情報の発信者から情報の受診者への一方通
 筑紫哲也 ニュース23:シリーズ・ニッポン人 日本人の愛国心四夜を見終わって一言。 日本人ナメるのも大概にしておけ、反日マスゴミ。   ご覧になってない方は、こちらの【筑紫哲也NEWS23 動画置き場】様が素敵です。  一夜: サッカー・サポーターの「....
昨日は日本シリーズが終わったあと、1時間遅れの「NEWS23」見てました。 普段この番組なんか興味ないし、シナチクの顔なんかみたくもないのが偽らざる気持ちなんですが。 まぁ巷で言われているように反日プロパガンダ番組という肩書きは伊達ではありませんな(笑)
 愛国心…、それを一括りにしたり、一言で説明する事は出来ないし、それをしようとするのは馬鹿げたことであると思う。「左翼」の主張するところによれば「国家への忠誠、個人よりも国家を優先させるという思想を含むため個人の権利が侵害される」と言うものらしい。確かに
 昨日の筑紫哲也のNEWS23を見た。テーマが「愛国心とインターネット」ということだった。インターネットで今一番熱い話題に対してどのような意見が述べられるのか楽しみにしていた。 しかし残念な結果だった。TBSもしくは番組、司会者がリベラルな考え方を持ち、愛国心と
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。