初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

中学教師が生徒208名に"赤紙"配布 召集忌避の少女に「非国民」

召集令状:生徒に配り、「非国民」批判も 福岡の中学教師

 福岡県志免町の町立志免中学校(結城慎一郎校長)で社会科の男性教諭(48)が、
授業で「臨時召集令状」を全2年生218人に配って戦争参加の意思を聞き、「いかない」
と回答した女子生徒に「非国民」
と書いて返却
していたことが分かった。結城校長は
「戦争の悲惨さなどを教えるためで、問題はない」と話している。

 町教委の説明によると教諭は10月27、31日に「第二次世界大戦とアジア」の授業を
した。教諭は副教材に掲載されている「臨時召集令状」をコピーし、裏面に戦争に「いく」
「いかない」の、どちらかを丸で囲ませ、その理由を記入させた。


 「いく」「いかない」の意思表示をしたのは208人で白紙が10人。「いく」理由は「当時と
しては仕方がない」「家族を守るため」など。「いかない」は「家の事情」「今はいきたくない」
などだった。

 「いかない」と回答した女子生徒の一人が、理由に「戦いたくないし死にたくないから。
あと人を殺したくないから」と書いた。これに対し、教諭は赤ボールペンで「×」印を付け
「非国民」と書き入れて返した。


 女子生徒はショックを受け事情を知った女子生徒の保護者らは「社会科の教諭を
代えてほしい」
と話しているという。

 町教委は、非国民と書いたことについて「確認できず分からない」という。そのうえで
授業の狙いを(1)召集令状の持つ意味を理解させる(2)生徒の歴史認識を把握する
--としており「決して思想信条を調べるものではない」と説明している。


授業の趣旨はわかる、その赤紙の不条理さを実感させることによって
反戦教育をしたいというのはわかるが、確かに生徒にしてみればショックであるし、
このニュースを読めば「ああ、右翼教師か」ぐらいに思うだろう。
もっと方法を考えなければならなかったはずだ。

因みに、この教師は右では決して無い。

「紙切れ1枚で戦争に駆り出された悲惨さを感じてほしいと思った。戦争を美化しようということではない」と話している。

 学校によると、教諭は人権学習に熱心という。「傷ついた生徒がいればケアをしたい」としている。


しかもこれはアカヒドットコムの記事による情報。
アカヒに持ち上げられてる辺りから、左翼教師だろう。

それとこんなのもある。

 新潟県小千谷市にある県立高校の男性校長(54)が10月下旬、職員会議で、「生徒は、繰り返し指導しなければならない。ヒトラーのようにやればいい」と発言していたことがわかった。


いや、気持ちはわかる。わかるんだ。
みんなアプローチの方法とかをもっと選ぶべきではなかろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。