初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


税金投入という案も良いですが、あくまで補償は民間(販売元)と民間(住民)の契約があるのだから国ではなくヒューザーや木村建設などがやるべきだと思いますね。こんなに国が熱心なのは、「担当官庁の国交省の大臣がが公○党でヒューザー・総研などが学会だから」という噂もある意味ホントかもしれませんね。
2005-12-21 水 18:21:04 /URL /埼玉の厨房 /編集

民間は払えるんでしょうか、民間に必ず払わせることが出来るんでしょうか。
契約書の云々で払わない抜け道がうんたらかんたら(実は強度偽装問題のニュース全然見てない人)

あと社民党が反対なのは「ジェンダーフリーの方針に反対する!」という意見書に反対なんですよ。
2005-12-23 金 13:51:59 /URL /専守 /編集

阪神淡路の震災を間近で見た人間としては、今回の政府の対応は素晴らしいと思う。あの時は、家を失くした被災者に税金で支援せず、住専の支援をしたんだから。
2005-12-23 金 13:54:04 /URL /駄目人間 /編集

コメントの投稿


秘密にする

強度偽装問題で公的資金導入に異論 被害者に「気にくわない」「自己責任」

【強度偽造】 「気にくわない」 ネット掲示板に、被害住民への中傷相次ぐ…電話での税金投入批判も多数★7

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135080921/l50

・耐震偽装問題で、強度不足マンションの解体・建て替えや住民への公的支援策が
 打ち出されるなか、国土交通省や自治体に対し、「税金を投入するのはおかしい」といった
 意見が寄せられている。
 新潟県中越地震の被災者などに比べて支援が手厚すぎるといった指摘も目立つ。
 一方、インターネットの掲示板では被害者のマンション住民を中傷する書き込みが相次ぎ、
 「まわりの人に敵意を持たれているようで怖い」と訴える住民も出ている。

 国交省には16日までに、この問題についての意見が電話などで計約1300件寄せられた。
 マンションを自治体が買い取って解体、建て替え、住民に再分譲する枠組みが発表された
 6日以降は、反対意見が大部分になった。「住民の自己責任でやるべきだ」などの声が
 目立つという。
 「グランドステージ東向島」がある墨田区では、当初は家賃減免の方針を示さなかった区
 への非難が多かった。だが6日からは一転し、「責任を問うべきはヒューザーやイーホームズ。
 税金を使ってほしくない」とする意見が大勢を占めるようになった。

 「グランドステージ住吉」を抱える江東区にも、「阪神大震災を経験したが、あの時は住宅
 再建に税金は使われなかった。不公平だ」
などとする意見があった。

 中越地震などの際の支援との違いばかりでなく、買い取りの対象が耐震強度0・5で線引き
 されたことなども不公平感につながっているようだ。

 こうした批判とは別に、住民たちを悩ませているのは一部のインターネット掲示板だ。住民の
 発言を「気にくわない」などとやり玉に挙げる心ない書き込みが多い。あるマンション住民は
 別の住民から、「ネットの掲示板に悪く書かれるので、マスコミに過激なことは言わないで」
 頼み込まれたこともあったという。

 マンションの住民代表は「最初は倒壊の恐怖や生活の変化によるストレスが大きかった。
 ところが、最近では公的支援への批判が高まっていることで、『周囲の人たちに敵意を
 持たれている』と外出を怖がる人が増えてきた」と、心理的圧迫の深刻さを明かす。(一部略)


確かに税金投入に関しては異論もあるのでネット上で議論が行われるのは当然。
これだけ取り上げられて電話が来るのも当然。
家ではなく国土交通省に電話があるならばなお当然。
ただ、住民の自己責任や気に食わないと言うのはよくわからない。
自己責任に関しては定義が明確でない事もあり、自己負担しろという意味なのか、
自分たちで加害者に補償を求めろと言う意味なのかはわからない。
マスコミが煽りたて、その反発としてネットや電話が使われると言う点でも
イラクの邦人拘束事件が思い出されるが、中傷は認めるべきでない。
自分達が被害者の立場であったとしたら、何ら補償がなされないのは理不尽ではないか。
自分たちに非は無く、突如としてこの有様だ。
国は国民を保護、補償するシステムであり、補償や加害者の処分や同類の詐欺不正にも
目を光らせねばならない。
しかし「税金を投入したら、加害者は被害者に保証する必要が無くなるので俺なら詐欺業者になる」
などと言っているものも多数見かけた。
だったらやってみろ、もしかしたら金は払わなくても済むかもしれないな。
ただしブタ箱送りだろうけどな。
冷静に考えられないのだろうか。
スポンサーサイト

コメント


税金投入という案も良いですが、あくまで補償は民間(販売元)と民間(住民)の契約があるのだから国ではなくヒューザーや木村建設などがやるべきだと思いますね。こんなに国が熱心なのは、「担当官庁の国交省の大臣がが公○党でヒューザー・総研などが学会だから」という噂もある意味ホントかもしれませんね。
2005-12-21 水 18:21:04 /URL /埼玉の厨房 /編集

民間は払えるんでしょうか、民間に必ず払わせることが出来るんでしょうか。
契約書の云々で払わない抜け道がうんたらかんたら(実は強度偽装問題のニュース全然見てない人)

あと社民党が反対なのは「ジェンダーフリーの方針に反対する!」という意見書に反対なんですよ。
2005-12-23 金 13:51:59 /URL /専守 /編集

阪神淡路の震災を間近で見た人間としては、今回の政府の対応は素晴らしいと思う。あの時は、家を失くした被災者に税金で支援せず、住専の支援をしたんだから。
2005-12-23 金 13:54:04 /URL /駄目人間 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。