初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


TBありがとうございます
この事件に関して聞くことは、何故今頃この事件が報道されるようになったか?という部分です
まるで保守系の誰かが陰謀で反中の今になってリークしたというものですが、逆に何故今まで出てこなかったのか?という部分の検証がなく、妄想の範疇にとどまっていると感じざるを得ません
2005-12-29 木 06:12:54 /URL /じおんぐ /編集
亡くなった領事館員に敬礼!
まず、日本の媚中売国政治家とマスコミ関係者はへそをかんで死ぬべきです。恥じて、中国に抱き込まれて国を売ったすべての行為を国民に公表すべきです。ミケ
2005-12-29 木 13:17:12 /URL /屋根の上のミケ /編集
はじめまして
はじめまして、いつも見に来てます。また遊びにきます!
2008-10-22 水 16:29:23 /URL /hanae /編集
面白かったです
勉強になりました。検索からきました。足跡させて頂きました。
2008-11-05 水 02:48:05 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

暗号解読強要で自殺の領事館員 外務省「ウィーン条約違反」+朝日社説

つまり、情報戦で殉職した領事館員は、機密性の高い外交関係の情報を扱う暗号の解読方法を
知っており、それを引き出す為に中国側の情報機関は女性関係を持ち出し領事館員を脅迫した、
ということだ。

【日本領事館員自殺】 「日本を売ることはできぬ」 中国、女性関係ダシに機密強要か★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135714496/l50

さらに、外務省がこれにウィーン条約を挙げて中国側に抗議をしている。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135774407/l50

 昨年5月に自殺した中国の在上海日本総領事館の男性館員が、中国側
から外交機密に関する情報提供を強要されたとする遺書を残した問題に
ついて、鹿取克章外務報道官は28日の記者会見で、「中国側公安当局
関係者により、ウィーン条約上の義務に反する遺憾な行為があった」

発表した。
 外務省は自殺直後から複数回、中国政府に抗議し、事実関係の究明
を求めたが、中国側からの回答がない状態が続いている。
 外務省はこれまで、館員の死亡は認めていたが、「遺族の意向があり、
詳細は話せない」としていた。だが、館員自殺に関する報道を受け、改めて
遺族に相談し、了解を得て発表した。
 鹿取報道官は中国側の「遺憾な行為」の内容を明らかにしなかったが、
「(受け入れ国は)領事官の身体、自由、尊厳に対するいかなる侵害も
防止するため、すべての措置をとる」
とするウィーン条約に中国側が違反
した
と指摘し、情報提供の強要が事実だとの考えを示唆した。
 これに対し、中国外務省は定例会見などで、「日本側の報道は根拠が
なく、事実とは合致しない」と反論
している。
 関係者によると、館員は、公電の通信技術を担当する電信官だった。
電信官は、公電の内容や暗号の仕組みを把握しているため「各国の
情報機関や公安関係者が、情報を得ようと接近することが多い」
という。
 事件を受け、首相官邸は外務省に対し、在外公館などで機密情報が
漏れないよう、情報管理体制の強化を指示した。外務省は本省職員や
在外公館の館員らに、情報管理や私生活上の注意を改めて徹底する
方針だ。
 また、外務省が報道を受けて初めて事実関係を公表したことを問題視
する声も出ている。自民党の甘利明政調会長代理は「外交はあらゆる
権謀術数が用いられる世界だ。外務省は脇が甘く、対応も遅すぎる」

批判している。


断固抗議すべきだが、こうした情報戦は常に世界で起こっている、というか
それらの類に各国が対策を講じているのは当然のことで、対外情報機関も持たない
日本にこそ起こった悲劇。
外交に関する関係者が中国など敵地に乗り込む場合は必ず日本の情報機関が動向をチェック、
保護するなどの措置が求められるが、当該の機関は未だ実現に至っていない。
スパイ防止法などと合わせて早急に実現することが望まれる。
ただしこれは逆説的な見方であるが、こうした事件を「追い風」として
今後このような悲劇が起こることを防ぐのとともに、日本の情報収集および
防諜能力を法律制定や情報機関設置により飛躍的に高めることにいい機会でもある。
そうすることが情報戦争で殉職した領事館員への弔いでもあるのだ。

また、各紙の社説の比較。
mumurブログ:在上海日本総領事職員自殺事件 主要各紙の報道内容比較
主要各紙が機密を「強要された」と書いている中で唯一朝日だけが「求められた」と記述。
やっぱり朝日は朝日です。


【関連】

機密を強要された総領事館員「国を売るわけにはいかない」+安倍長官抗議
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-256.html
【日本版MI6】町村外相の私的懇談会が対外諜報機関設置を提言
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-160.html
曝け出される中国スパイ網の実態
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-62.html
スポンサーサイト

コメント


TBありがとうございます
この事件に関して聞くことは、何故今頃この事件が報道されるようになったか?という部分です
まるで保守系の誰かが陰謀で反中の今になってリークしたというものですが、逆に何故今まで出てこなかったのか?という部分の検証がなく、妄想の範疇にとどまっていると感じざるを得ません
2005-12-29 木 06:12:54 /URL /じおんぐ /編集
亡くなった領事館員に敬礼!
まず、日本の媚中売国政治家とマスコミ関係者はへそをかんで死ぬべきです。恥じて、中国に抱き込まれて国を売ったすべての行為を国民に公表すべきです。ミケ
2005-12-29 木 13:17:12 /URL /屋根の上のミケ /編集
はじめまして
はじめまして、いつも見に来てます。また遊びにきます!
2008-10-22 水 16:29:23 /URL /hanae /編集
面白かったです
勉強になりました。検索からきました。足跡させて頂きました。
2008-11-05 水 02:48:05 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

管理人の承認後に表示されます
livedoor ニュース中国・上海の日本総領事館に勤務する電信担当の男性館員が昨年5月、中国当局から外交機密を漏らすよう強要されたことを苦に自殺していたことが分かった。
谷垣禎属財務大臣にスキャンダルが持ち上がった。今週発売の週刊文春が告発スクープとして報じた「中国人女性買春疑惑」がそれである。17年前の話ということだが、先日の西村但吾議員ではないが、政治家のスキャンダルが公表されるたびに、何か謀略があるのではないかと勘
上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。 外務省は館員
上海総領事館員が中国政府当局から機密漏洩を強制され、自殺に追い込まれたとの報道がありました。痛ましい事件です。心よりご冥福をお祈り致します。国家と個人の板ばさみとなり、自ら命を絶つことを選んだ苦悩、察するに余りあります。外交には表と裏の二つの舞台....
読売新聞上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書
今日のヤフー「社会ニュース」の中に見つけました。これは、どこの国でも多かれ少なかれ手を染めている諜報活動に引っかかってしまった一日本人外交官の末路と言ってしまえば、それまで....
今朝は、ベーグルの朝食を済ませた後、スタバのクリスマスブレンドを飲みながら、まずは、Firefox で最新ニュースのチェック。昨晩遅く配信されていた asahi.com の以下の記事が目につきました。中国脅威論、小泉首相が否定 靖...
害務省がいくら中共政府に申し入れても、迫力ないですね。そういえば、孔泉と並ぶ嫌中派日本人のアイドル、王毅、日本にいつの間にか戻ってきていたんですね。いくら抗議しても、死んだ人は戻ってこないのだから、お返しを、ほとぼりが....
livedoor ニュース中国側が国家機密漏洩を強要したのは事実なのでしょうか?で、色々なニュースサイトを見ていくと…男性は上海日本総領事館で電信官として勤めていたため、難解な衛星暗号の解読方法を熟知。それのため、中国政府は暗号解読の方法を探るためとし...
遺書の中に、「国を売ることはできない」…中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが明らかになりました。
年末はお陰さまで忙しいです。ボチボチエントリが再開できたらええなあ。 一年以上前の事件が今何故表沙汰に?官邸が来年は支那攻撃の年にするとの布石か? それとも害務省が隠蔽していたのか?
在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人女性が犯罪行為をしており、電信官も共犯として処罰すると脅迫され、外交機密関連情報な
在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人
管理人の承認後に表示されます
▼「上海領事館員の自殺のエントリー」に以下のようなコメントを頂きました。中国側の脅迫を棚上げして、自殺した領事を批判する言説はネット上でもよく見られますので、『週刊文春』の記事をみながら考えてみたいと思います。 投稿者:民主主義至上主義者2005/12/30 4:3
今年4月16日(土)に反日デモの多大な被害を受けた在上海日本国総領事館。正式な謝罪など一切ないまま、そのまま8ヶ月放置されようやく修復作業が今月20日、上海市政府傘下の建設業者により始まったとの事。当時は人的被害が出なかっただけ良かったと思ったけど、その1年
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。