初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


03式中距離地対空誘導弾のデータが北朝鮮に流出した問題のほうが重大だ。
ヤマハの無人ヘリ問題なんかたいした問題じゃない。
2006-01-25 水 16:02:22 /URL /駄目人間 /編集

当初は03式SAMとヤマハのセットで書いていたのですが、他所には無い視点という
本ブログの主旨に照らし合わせ、敢えてヤマハ産業用無人ヘリの軍事転用に
焦点を絞ってみました。総連の件は別エントリーにて触れる予定です。
2006-01-25 水 17:26:24 /URL /専守 /編集

ヤマハと総連の問題って、わざと同時期に発表されたと思いません。
2006-01-25 水 23:38:54 /URL /駄目人間 /編集

コメントの投稿


秘密にする

これが中国に軍事転用されたヤマハ無人ヘリRMAX-TypeIIGだ

軍事転用可能な世界一の国産産業用無人ヘリコプターRMAX-TypeIIGを中国に売却したヤマハ。
RMAX-TypeIIGと軍事転用について迫る。

ヤマハが輸出した先は北京必威易創基科技有限公司(BVE社)

北京必威易創基科技有限公司
http://www.hwhwhw.com/bve/air/announce.php
新世代GPS自動制御システム RMAX-TypeIIG
http://www.hwhwhw.com/bve/air/chanpinlast.php?table=air_products&id=3
BVE社 ヤマハ系列無人ヘリコプター
http://www.hwhwhw.com/bve/air/chanpinlast.php?table_a=air_products&id=1
無人ヘリコプター運用の将来性( BVE 2003-1-17 )
http://www.hwhwhw.com/bve/air/technology-nr.php?id=24
無人ヘリコプター運用の将来性の項目では、薬品散布や警務、国境警備への運用や
通信・偵察、地雷除去など軍事的性格を帯びた運用形態にも触れている。
また、ヤマハ系列ヘリと題して詳細にRMAXの性能について触れているページがある。
同機は化学兵器などの大量破壊兵器の散布に使用される可能性が懸念されている。

ヤマハ公式サイト RMAX
http://www.yamaha-motor.co.jp/product/sky/
top1_01.jpg


また、陸上自衛隊がサマワで使用しているのもRMAXである。
http://www.chunichi.co.jp/feature/iraq/s040721T1531002.shtml


無人ヘリ対中不正輸出 人民解放軍入手か ヤマハ発を外為法違反容疑で捜索
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000019-san-soci

「軍事転用も可能」
 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が、生物化学兵器などの散布に転用できる無人ヘリコプターを中国に無許可で輸出しようとしたとして、静岡、福岡両県警と名古屋税関は二十三日、外為法違反(無許可輸出)の疑いで、同本社などを家宅捜索した。両県警は経済産業省が同日、同社を刑事告発したのを受けて捜索に着手。輸出済みの機体の一部は中国人民解放軍の手に渡っている可能性もあるとみて、資料の分析を急ぐ。

 外為法では二十リットルを超えて運搬することができる無人ヘリコプターは大量破壊兵器関連として全地域を対象に輸出許可が必要とされている。経産省は、昨年、同社に立ち入り調査を行い今回輸出しようとした「TypeIIG」型が規制対象に該当すると判断し、告発に踏み切った。
 両県警は、輸出先のBVE社が自社のホームページで、ヤマハ発動機製の無人ヘリコプターを示し、「軍事分野への転用が可能」などとしていることなどから、無人ヘリコプターの一部が中国人民解放軍に渡っている可能性もあるとみて調べる。

 同社によると、問題になっている「L181」型は、経産相の許可が必要な自律型無人ヘリではなく、操縦者が機体を目視して操作する「マニュアルタイプ」と主張している。同社はこれまでに「L181」型を米国三十九機、韓国十六機、中国九機、マレーシア三機、スウェーデン、フランス各二機、オーストラリア、台湾各一機の計七十三機を輸出しているという。



一部ヘリ、税関資料なし=中国企業の宣伝映像-ヤマハ発動機不正輸出事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000044-jij-int

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が中国へ無人ヘリコプターを不正に輸出しようとしたとされる事件で、販売先となった北京の航空専門会社によるヤマハ発動機製ヘリのプロモーション映像に、複数のヘリが登場し、うち一部は輸出される場合、税関当局に提出される資料が存在しないことが24日、静岡、福岡両県警合同捜査本部の調べで分かった。
 映像は、ヘリについて「軍事分野で運用可能」と解説しており、捜査本部はこれまでの輸出の経緯を含め取引の実態解明を急ぐ。
 映像はインターネットでも公開され、「YAMAHA」と機体に書かれたヘリなどが登場する。 




「軍事上重要な価値」と新華社=ヤマハ発製を基礎に無人ヘリ-中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000044-jij-int

 【北京24日時事】中国国営新華社通信(電子版)は2002年5月、ヤマハ発動機の無人ヘリコプター「RMAX」を基礎に、中国が国産の無人ヘリを研究開発したと報じていたことが分かった。新華社電は同ヘリについて「科学研究面、軍事上で重要な価値がある」と強調している。



押収ヘリ、性能を分析 韓国などにも不正輸出か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000086-kyodo-soci

 ヤマハ発動機が無人ヘリコプターを中国に不正輸出しようとしたとされる外為法違反事件で、静岡、福岡両県警の捜査本部は24日、前日の家宅捜索で押収したヘリの性能の分析を開始した。
 同社が輸出前に名古屋税関に提出した「規制に該当しない」との申告内容と、実際の性能に食い違いがないかどうかを中心に捜査している。
 経済産業省は「ヤマハ発動機は中国以外にも昨年3月から11月にかけて韓国向けに11機、米国向けに1機を不正輸出した」と指摘。捜査本部は北京の航空専門会社「北京BVE創基科技有限公司」以外の企業にも無人ヘリを販売していたとみて、裏付けを進める。
 調べでは、ヤマハ発動機は昨年12月21日、軍事転用が可能で法規制の対象となる高性能の無人ヘリ1機を、経産省の許可を得ないでBVE社に販売するため輸出しようとした疑い。


スポンサーサイト

コメント


03式中距離地対空誘導弾のデータが北朝鮮に流出した問題のほうが重大だ。
ヤマハの無人ヘリ問題なんかたいした問題じゃない。
2006-01-25 水 16:02:22 /URL /駄目人間 /編集

当初は03式SAMとヤマハのセットで書いていたのですが、他所には無い視点という
本ブログの主旨に照らし合わせ、敢えてヤマハ産業用無人ヘリの軍事転用に
焦点を絞ってみました。総連の件は別エントリーにて触れる予定です。
2006-01-25 水 17:26:24 /URL /専守 /編集

ヤマハと総連の問題って、わざと同時期に発表されたと思いません。
2006-01-25 水 23:38:54 /URL /駄目人間 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。