初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


萌えは確かに必要ですけど、狙いすぎなのは逆に萎えます。まあ、露骨な萌えも嫌いじゃないですけどね、むしろ好きw
私のようなひねくれ者には土木機械のぶつかり合いのような泥臭い戦いのほうが萌えます。
最近のロボットアニメって主人公機が一騎当千過ぎてつまらないんです。もっと、補給とか整備にもスポットを当てて欲しいところです。
2006-01-30 月 00:15:34 /URL /mikosky /編集

それはわかるかも。
僕も露骨な萌えはネタで済ますし。
かといってあの「よみそら」(勝手に略称)は惹き付ける要素に少々乏しい。
音楽も話の起伏も微妙で退屈する。

しっかしなぁ、TAが本来の運用形態で実戦投入されたのは24話だけってのは
あまりに寂しい。補給や整備がしっかりしていたからこその寂しさだよ。
OPに一瞬出てくる、ハンガー内で多彩な武装を並べたTA…。
あの武装を駆使してさ、新型のTAや現実の兵器と戦って欲しいと思った視聴者は
少なくないはず。あれだけの設定なんだからもっとそれを活かして欲しかった。
2006-01-30 月 00:25:38 /URL /専守 /編集
この度は。
この度は、引用していただいたみたいで
どうもありがとうございます。

これを契機に続きのエントリーも書きましたんで
もしよければ目を通してくだしあ
2006-01-30 月 21:58:22 /URL /いーじす。 /編集

日本国的垃圾,去死吧
2007-06-30 土 19:53:25 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

陸海空自がサイトのアクセス数競争+アニメ「よみがえる空」雑感

最近、こんなニュースがありました。
自衛隊HPアクセス、陸海空が“熱い頭脳戦”とのこと。

僕も7月ぐらいに取り上げたけど、この当時よりも確かに陸海空自のサイトは
若干カッコよくなってる。
って、このエントリーのディフェンス3って何なんだろう。
アニメを通じて自衛隊の活動に関心を向けさせたいのはわかるけど・・・。
僕の書いたその記事で下された結論は「陸上防衛隊まおちゃんの方が広報アニメに適切」とのこと。

で、最近深夜枠でやってる自衛隊の広報、というか自衛隊が協力したアニメ
「よみがえる空」なんだけども・・・。

CGなどはよくできている。自衛隊協力というのもすごい。
クォリティも高く、一見の価値はある。

だが、面白くないのだ。

ああ、言ってやろう。
全然面白くないのである。

何度でも言おう。
観ていて極めて退屈である。

別に「よみがえる空」を一方的に責めるわけでもないのだが、
アニメに極度のリアリティを求めると、つまらなくなる場合は結構ある。

ガサラキなんかはいい例で、現代のリアルな設定を基に世界観を構築したので、
戦闘少な過ぎ、少ない戦闘でも敵は装甲車、ごくたまにあるTA同士の戦闘も
土木機械のぶつかり合いのような地味さである。
リアリティは時として作品を駄作たらしめる。
ムラチュ-やユウシロウの妹なんてのは非常に萌えキャラだったのにな。
実に惜しい。

そう、萌えキャラである。
深夜枠には萌えが無ければ視聴者がついてこない。

だがこのアニメ、深夜枠に似つかわしくないほどに主要キャラクターから萌え要素が
徹底的に排除されている。
女性キャラクターはオバサンとかぐらいしかいない。
どうなってんだ、コリャ。

僕が最初に見た第二話など、本郷修二郎の娘ぐらいしか萌えキャラがいなかった。
あとは被災地の「東うるま島」で避難していた幼女ぐらいという酷さである。

このままでは完全ロリコン向けアニメになってしまうので、主要キャラクターへの
女性キャラクターの増員をぜひとも検討いただきたい。


でなければ、自衛隊の広報アニメは陸上防衛隊まおちゃんが最も適切という
結論を僕が再び下さなければならなくなるのである。
スポンサーサイト

コメント


萌えは確かに必要ですけど、狙いすぎなのは逆に萎えます。まあ、露骨な萌えも嫌いじゃないですけどね、むしろ好きw
私のようなひねくれ者には土木機械のぶつかり合いのような泥臭い戦いのほうが萌えます。
最近のロボットアニメって主人公機が一騎当千過ぎてつまらないんです。もっと、補給とか整備にもスポットを当てて欲しいところです。
2006-01-30 月 00:15:34 /URL /mikosky /編集

それはわかるかも。
僕も露骨な萌えはネタで済ますし。
かといってあの「よみそら」(勝手に略称)は惹き付ける要素に少々乏しい。
音楽も話の起伏も微妙で退屈する。

しっかしなぁ、TAが本来の運用形態で実戦投入されたのは24話だけってのは
あまりに寂しい。補給や整備がしっかりしていたからこその寂しさだよ。
OPに一瞬出てくる、ハンガー内で多彩な武装を並べたTA…。
あの武装を駆使してさ、新型のTAや現実の兵器と戦って欲しいと思った視聴者は
少なくないはず。あれだけの設定なんだからもっとそれを活かして欲しかった。
2006-01-30 月 00:25:38 /URL /専守 /編集
この度は。
この度は、引用していただいたみたいで
どうもありがとうございます。

これを契機に続きのエントリーも書きましたんで
もしよければ目を通してくだしあ
2006-01-30 月 21:58:22 /URL /いーじす。 /編集

日本国的垃圾,去死吧
2007-06-30 土 19:53:25 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

専守防衛さんのブログのエントリーで僕の自衛隊同士の熱い戦い。というエントリーが紹介されてました。 正直、僕自身もそんな事件あったのかぁと思ったくらいです。ですがこの
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。