初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

恥知らずな日本のブタ
色付きの文字恥知らずな日本のブタ,日本の帝国主義に倒れる!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!
2006-04-10 月 12:27:55 /URL /恥知らずな日本のブタ /編集

コメントの投稿


秘密にする

自ら左翼であると認めた都革新(中核派)のネトウヨ研究の論理的矛盾

研究:ネット右翼と嫌韓流
第4回 警察の手先として行動したネット右翼


pu050804_01.jpg


東京都杉並区で「つくる会」の「新しい歴史教科書」の採択妨害のために
活動した「都政を革新する会」(都革新=中核派)が「ネット右翼研究」と題し
頓珍漢な論文を公開した。

都政を革新する会(=中核派)のネット右翼分析最新作が登場
「反対派をすべて中核派ときめつけるネット右翼」


 それらの資料を具体的に検討すればよくわかるように、現在の不当弾圧・不当逮捕は、都政を革新する会のような革命的左翼からスターリン主義=共産党、そして労組員・市民・僧侶まできわめて広範な人びとにまで向けられるようになってきています。警察権力によるこのような治安弾圧の状況を意識して、「つくる会」教科書に反対する人びとを警察に逮捕・弾圧させようとして蠢(うごめ)いたのが8月4日・12日のネット右翼だったのです。



ついに自分たちを「革新的左翼」であると堂々と認める都革新。


 第一に、「つくる会」教科書に反対して区役所前に結集した人びとをすべて「中核派だ」「過激派だ」と大声でふれ回ったことです。これは、「中核派」「過激派」のレッテルを貼れば、運動の勢いを削ぎ、なにかしら傷をつけられるのではないかという浅はかな意図にもとづいています。



それは事実だろう。


 彼らネット右翼はしきりと、「自分たちは右翼じゃない」「自分たちは『つくる会』じゃない」「ただの2ちゃんねらーだ」などと、ネット上でも現実世界でも自己主張しています。しかしそれはまったくナンセンスです。
 中国や韓国に異様な悪感情をたぎらせ、差別的・侮蔑(ぶべつ)的・排外主義的言辞をわめき散らし、また「左翼」「市民運動」「マスコミ」などへの陰湿な悪罵(あくば)を投げつけ、「つくる会」教科書に大賛成し、反対派の人たちへ誹謗(ひぼう)中傷を叫び、「被害」をデッチあげて警察に売り渡すことを良しとするネット右翼。彼らを右翼と明確に規定して、まったくなんの間違いもありません。
 「つくる会」に会費を納めている正会員かどうかはともかく、彼らは杉並での「つくる会」歴史教科書採択に歓声を上げ、逆に全国での「つくる会」教科書の採択率の低さにへこんでいる、「つくる会」一派=「つくる会」教科書推進派であることは、まったく明らかです



真であれ偽であれ自分達が「中核派」と規定されることを
糾弾しつつも、自分たちは賛成論者を「ネット右翼」
「『つくる会』一派=『つくる会』教科書推進派」であると
決め付けでレッテルを張るダブルスタンダートぶり。

お前らの言葉をそのまま返してやるよ。

これは、「ネット右翼」「『つくる会』一派=『つくる会』
教科書推進派」のレッテルを貼れば、賛成の勢いを削ぎ、
なにかしら傷をつけられるのではないかという浅はかな
意図にもとづいています。
スポンサーサイト

コメント

恥知らずな日本のブタ
色付きの文字恥知らずな日本のブタ,日本の帝国主義に倒れる!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!日本の帝国主義を打倒する!中国人民の陛下!中国人民は天下無敵だ!
2006-04-10 月 12:27:55 /URL /恥知らずな日本のブタ /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。