初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


本屋で少し立ち読みしましたが微妙ですよ。
オタクは連合軍が好きとか書いてあったのにはびっくり。




2006-03-07 火 03:29:16 /URL /mikosky /編集

コメントの投稿


秘密にする

電車男と嫌韓流の二番煎じ 「嫌オタク流」出版

4778310012.09.LZZZZZZZ.jpg


【話題】電車男ピンチ!オタク嫌いが急増!? 『嫌オタク流』出版(ファンキー通信)[03/04]

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141477615/l50

 『電車男』を筆頭に、昨年は空前のオタクブームに見舞われたニッポン。その勢力は凄まじく、
毎年暮れに発表される「流行語大賞トップ10」に「萌え」が選出されてしまうほど。今年に入ってからもブームは沈静化する気配すらなく、むしろ、ますますの盛り上がりを見せている。ニッポンの人口が一億総オタクになる日も、そう遠くはないかも・・・。

 しかし、そんなオタクブームに一石を投じる書籍が登場! その名も『嫌オタク流』。・・・って、
もしかして『マンガ嫌韓流』のパロディ?

 『マンガ嫌韓流』といえば、一昨年の韓流ブームに水を差すかのごとく、歴史的観点から韓国を批判する内容として話題になったコミック。ということは、『嫌オタク流』も同じような切り口なのだろうか? 発刊元の太田出版に聞いてみた。

 「確かにタイトルは『マンガ嫌韓流』のパロディです。『嫌~~流』というフレーズの価値の暴落を狙って頑張りました(笑)。内容も『嫌韓流』と違って、歴史的観点なんてくだらないそんなことよりオタクvsアンチオタクという構図自体を脱臼させよう、という意図でまとめました。 『オタク事情には門外漢』と豪語する中原昌也氏と高橋ヨシキ氏が、“その世界の方”として海猫沢めろん氏と更科修一郎氏を迎え、お二人に疑問をぶつけた鼎談集となっております。当然、4人とも微妙
にオタクに対するスタンスが異なるわけで、そのズレを提示することで、そこから読者が何かを考えてくれればいいなと思っています」(太田出版・北尾さん)

 なるほど。確かに「萌え」という表現ひとつをとっても、高橋氏は「要はポルノだ!」と主張し、
海猫沢氏は「違います!」と反論し、更科氏は「ポルノはポルノですけど、プレイメイト系のポルノではありません」と訂正している。なぜ、このような事態が生じてしまうのだろうか? 

 「オタク自体、とても定義が曖昧な言葉だからでしょう。オタク、サブカル、ヤンキーとか、そういうのってただの言葉遊びですからね。でも、そういう曖昧な言葉をアイデンティティにしている人
たちがいるようなので、そういう層に『嫌オタク流』というボールをぶつけてみたら、どうなるのかな~? と。特定の個人、民族、団体などを批判してるわけじゃないので、ちょうど半分の読者が
激怒して半分の読者には喜んでもらえるさじ加減になるよう、細心の注意を払いつつ編集しました。
『嫌オタク流』ってタイトルの本を出して賛否両論にならなかったら意味ないですからね(笑)」(同氏)

 作り手側の狙い通り、ネット上ではこの書籍を巡った論争が繰り広げられている。読書後の感想として、「面白い!」と絶賛する声もあれば、「不愉快だ!」と批判する声もある。つまり『嫌
オタク流』は、「オタクを考えるツール」として広く活用されているのだ。
 退屈なランチタイムのひととき。『嫌オタク流』をネタに、皆さんも小さな論争を繰り広げてみては



電車男と嫌韓流の二つの二番煎じを狙った打算的な書物である。

何かくだらなそうである。
極めてくだらなそうである。

二つの流行に無理矢理乗っかった感は相等にあるのに、
いや、そうであるからこそ購買意欲をそそられるではないか。

敢えて「『嫌~~流』というフレーズの価値の暴落を狙って」「くだらない」などと
嫌韓流を扱き下ろし、(笑)などと嫌韓流支持者のカンに触る言葉を選んでいるのは、
嫌韓流の支持層とオタク層が、実は重複しているということに感付いているのではないか。

いわゆる僕の提唱する「ネトウヨ・アニオタ重複論」である。

嫌韓流支持層とオタク層を狙っているように見せて、案外、本書のターゲットは
一つに絞られているのかもしれない。


むう、本屋で探すか。
スポンサーサイト

コメント


本屋で少し立ち読みしましたが微妙ですよ。
オタクは連合軍が好きとか書いてあったのにはびっくり。




2006-03-07 火 03:29:16 /URL /mikosky /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。