初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

始まって5分で涼宮ハルヒの憂鬱にハマった件

今日深夜枠にて放送の開始されたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」についてなのだが。

率直に言おう。
あれはヤバい、開始5分でハマった。

僕は普段かけている眼鏡を度の強いものにかけ直した。
まず不意打ち的なオープニングもさることながら、常にカメラアングルからの
視点から進行する物語、いや、物語ですらなかった。

主人公涼宮ハルヒが監督する素人特撮の撮影現場という設定にて物語が進行し、
朝比奈みくるの攻撃もあくまでも安っぽさを演出している。

僕がまず気になったのは監督である。僕の記憶の範疇でここまでシュールで
意味不明なアニメーションを作るのは「ぱにぽにだっしゅ!」や「それゆけ!
宇宙戦艦ヤマモトヨーコ」の新房昭之監督ぐらいなもの、というかあんな感じの
演出はその辺りかと思ったがどうも違うらしい。監督はTV版Airの石原立也らしいが、
他のキワモノなアニメの監督をしていたという話は聞かないので、この作品で
新たな才能が開花したとでも解釈すればいいのか?

声優も合っている。
長門の声もピッタリだし、猫が喋るシーンではある意味の印象のマッチで僕は
吹いた。あれは合いすぎる。呂律の回らぬ朝比奈の声も極めて良い。
キョンの声も語りも素晴らしいな。原作でもキャラクターの会話がやけに
理屈っぽいがそれは原作者の谷川流の作風である。学校を出ようや閉じられた
世界(どちらも電撃文庫)を読んでもそれはわかるだろう。そういえばキョンは
原作にて一向に名前が明かされる気配が無い。名前が秘匿されていることには
何か伏線というか重要な意味はあるのだろうか?

そういえば涼宮ハルヒの憂鬱といえば幻の漫画版があったな。
月刊少年エースで連載されとるやないかと言われそうだが、それ以前にも同人作家の
水野まことの描いた涼宮ハルヒの憂鬱があったのであるが、作画が稚拙なせいか
打ち切られ、無かったことにされている。局地的に有名な黒歴史である。

はてさて期待の涼宮ハルヒの憂鬱。
次回はどんな奇怪な演出が観られるのか。

昔から監督とか製作スタッフに目がいくタチなんです、ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。