初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

ロシア、旧ソ連圏へ影響拡大 ベラルーシには防空ミサイルを配備

【ロシア】旧ソ連圏へ影響拡大 ベラルーシには防空ミサイルを配備[060424]

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1145888640/l50

「露、旧ソ連圏へ影響拡大 ベラルーシ、防空ミサイルを配備」

ロシアが、旧ソ連圏での影響力を復活させつつある。「欧州最後の独裁国家」と名指し
されるベラルーシには、ロシア製最新型防空ミサイルを配備し、ロシア軍基地の新設
計画も浮上。中央アジアのキルギスでは、米軍基地排除の動きが進む。これら諸国は、
強権的な統治形態を欧米から批判されており、ロシアの影響下に入ることで欧米からの
民主化圧力をかわし、政権維持をはかる狙いだ。ただ、反米色が強まることで地域の
緊張が高まる可能性もある。

ベラルーシのマルツェフ国防相は二十一日、弾道ミサイルの迎撃も可能な最新鋭の
ロシア製防空ミサイルS300SPの配備が始まったことを明らかにした。
同国防相はさらに、英軍事専門誌が先に、同S300ミサイルが核開発の野望を捨てて
いないイランに再輸出される可能性を報じたことに、「ロシアとの契約ではミサイルを
第三国に輸出できない」と、これを否定した。

だが、ロシアは昨年末、イランにロシア製防空ミサイルTOR・M1を輸出する契約を締結。
核問題で米国との緊張が高まるイランは、さらに近代化された防空システムの導入に
意欲を見せていると報じられている。

また、ロシアのミハイロフ空軍司令官は今年二月、ベラルーシに恒久的なロシアの
空軍基地を新たに開設する計画があることを明らかにした。ロシアは、東方拡大を
続ける北大西洋条約機構(NATO)に、緩衝帯にある兄弟国に最新鋭防空ミサイルを
導入するなど軍事協力で対抗しようというわけだ。

一方、キルギスの首都ビシケクからの報道によると、昨年の政変で政権の座に就いた
バキエフ大統領は十九日、ビシケク郊外のマナス国際空港に展開する米軍の基地使用料が
安すぎるとして同基地閉鎖の可能性に言及。その後には、「外国の軍隊」が中央アジアの
不安定化の要因になっていると述べ、米軍が地域の民主化運動の後ろ盾となることに
警告を発した。

米国側は基地使用料の値上げ交渉には応じる姿勢だ。しかし、バキエフ氏は今週、
ロシアを訪問しプーチン大統領と会談する予定で、ロシアへの接近を強める姿勢を
示しており、米軍の基地問題は予断を許さない状況にある。



ぁ"ぁ"ぁ"

欧州情勢はよくわかんないです。
というかね、あここ3年間ぐらいまともに
本を読んだ記憶が数えるぐらいしかないのよ。
知識が止まってるというか、仕入れてないの。
ラノベとオピニオンだけなのよ、ここ3年。

だから文学作品とか資料系を読み漁りたいのね。
じゃないと、こーいう旧ソ連圏の国とかよくわかんないのよ。
この辺は知識が浅いの。

新しいクラスにはものすごくそういう資料とか読み漁ってる人がいてさ、
ものすごく知識があるのね。そーいう人とも渡り合えるぐらいの
知識が欲しいのです。

っつーことでオススメの本があったら教えてね。
別にラノベでもいいけどさ(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。