初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


我国の脅威となるかどうかしか関心が有りませんが、戦車の跳躍には笑った。
2006-05-22 月 16:45:22 /URL /考え中 /編集

どうせまたハリボテだろw
2006-05-22 月 21:36:58 /URL /雲龍 /編集

コメントの投稿


秘密にする

ロシア、最新式戦車を外国メディアに異例の公開

ストリーミング動画

snapshot20060520231916.jpg



snapshot20060520232031.jpg

snapshot20060520232300.jpg

snapshot20060520232437.jpg

snapshot20060520232510.jpg

snapshot20060520232549.jpg

snapshot20060520232730.jpg


これはT-90S(またはT-90C)と呼ばれるT-90の輸出型の機体です。
実質的にはT-72の大幅な改良型と見る向きが正確ですし、
T-72と同様に砲の自動装填装置を採用しているので乗員は
3人です。まあ、T-72の自動装填装置なんて使い勝手が悪いよー、
って話は聞くのでT-90ではどうなんでしょうね。

T-90はエンジン出力が足りていなかったという話も聞きますね。
輸出型では改善されているのでしょうか。
機動力が売りであるだけに注目です。

何せ空挺なども想定していますからね。
重量45トンとやけに軽いですし。(被弾性がアレそうですが)

シトーラ1熱線電磁攪乱システムなんていう興味深いものも
積んでいるようです。完全に西側には無い発想の兵器ですよね。

Shtora.jpg(シトーラ1熱線電磁攪乱システム)

やっぱり記事のコピペよりも、自分で書いちゃったほうが実りのあるエントリーになるような。
しばらくは昔(xoops時代)の方式でいきましょうかね。
スポンサーサイト

コメント


我国の脅威となるかどうかしか関心が有りませんが、戦車の跳躍には笑った。
2006-05-22 月 16:45:22 /URL /考え中 /編集

どうせまたハリボテだろw
2006-05-22 月 21:36:58 /URL /雲龍 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。