初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


確かに。福田はもう終わりだ。
2006-07-10 月 17:09:35 /URL /考え中 /編集

コメントの投稿


秘密にする

石原知事「半年じゃ手ぬるい」 中川大臣「金返せ」 安倍「全て北の責任」 小泉「ついてる」

世間的に右寄りと評される政治家の発言を纏めてみました。

【ミサイル乱射】 「日本、責任とれ。日朝は対決局面だ」と北朝鮮→「全て北の問題」と安倍官房長官★3

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152263911/l50

★北朝鮮大使「制裁なら、より強硬策も」

「(日本は)誰に向かって経済制裁しているのかまったく言語道断である。(日朝関係は)
 破局的な状況になるだろう」
(北朝鮮 ソン・イルホ国交正常化交渉担当大使)
 ソン大使はこのように述べ、ミサイル発射に対して日本が制裁を決めたことを非難
 しました。そのうえで、「日本が過去の清算を避けているのだから、我々が制裁を
 加えるのは正常なことだ」とミサイル発射を正当化し、「日本が責任をとるべきだ」と
 強調しました。
 さらに、北朝鮮に対する制裁を続けるのなら、より強硬策をとる考えを示唆しました。

 「日朝関係は『最悪』どころか『対決局面』に入っています。米朝関係より悪化している」
 (北朝鮮 ソン・イルホ国交正常化交渉担当大使)
 また、日朝関係については、「対決の局面に入っている」としたうえで、拉致問題に関して
 横田めぐみさんの「遺骨問題」に言及し、「別人のもの」とした日本政府の鑑定結果に
 強く反発、「ニセモノと主張するなら返せばいい」と述べました。
 また、ソン大使は日朝ピョンヤン宣言については「関係正常化のための立派な道しるべ」
 と述べ、ミサイル発射は宣言自体を破棄したものではないという認識を示しました。





★安倍氏が宋大使発言に反論

・安倍晋三官房長官は7日午前の記者会見で、北朝鮮の宋日昊日朝国交正常化
 交渉担当大使が日本メディアとの会見で、ミサイル発射に対する日本の制裁措置を
 「言語道断」と批判したことに対し「大変残念で憤りを感じる。拉致、核、ミサイル問題は
 すべて北朝鮮が引き起こした問題だ」
と反論した。  宋氏が「ミサイル発射は日朝
 平壌宣言に違反しない」
と発言したことについても「違反は明白だ。ミサイル発射
 凍結延長を再確認するよう求めたい」
と強調した。





【政治】対北朝鮮制裁で石原都知事、「半年禁止じゃ手ぬるい。入港禁止を無期限に」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152276771/l50

 北朝鮮によるミサイル発射で、貨客船「万景峰92」の入港を半年間
禁止した政府の経済制裁について、石原慎太郎都知事は7日の定例
会見で「半年禁止は中途半端。かえって見くびられるんじゃないか」
述べ、政府の対応を批判した。

 石原知事は北朝鮮について「訳の分からないことを平気でやる国」との
認識を示し、「(入港禁止の半年間に)物事がどういう風に解決されるか
予測がつかない。無期限にこさせないようにして、初めてインパクトが
出てくる」と、無期限の入港禁止にすべきだとの見解を示した。

 また、石原知事はこれまでも北朝鮮のミサイル発射について、「北朝鮮
もギリギリのところまできたという感じだ。東京都でも朝鮮総連の施設から
固定資産税を徴収しているが、できることがあればやっていく」と産経新聞
の取材に答えていた。





【日朝】「金は返さないわ、もっとくれと要求するわ…食料支援は全く考えていない」中川農水相、北朝鮮にコメ代金返還要求へ★3[7/7]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1152276570/l50

中川農水相 北朝鮮にコメの代金返還要求へ

中川農水相は7日朝、北朝鮮に有償で援助したコメの代金の返還を強く求めていくことを
明らかにした。

中川農水相は「(北朝鮮は)金は返さないわ、もっと追加で食糧をくれと要求するわ」
「食料支援は全く考えていないし、輸入・輸出も厳しいレベルにしていく」
と述べた。

日本政府は95年、北朝鮮からの求めで、約56億円分のコメ、35万トンを有償で援助
した。代金は30年間かけて支払われることになっていたが、利息と延滞金を合わせて
約70億円が現在も支払われていないという。






【政治】宮沢元首相、小泉首相の「ついてる」発言について国のトップとしての危機意識が希薄と指摘 TBS番組の収録で
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152277842/l50

★北ミサイル問題、森氏が小泉首相の対応を批判

 自民党の森喜朗前首相と宮沢喜一元首相は7日、北朝鮮のミサイル発射問題での
小泉純一郎首相の対応や発言を批判した。
 森氏は名古屋市内で開かれた自民党議員のパーティーで「ブッシュ米大統領とエルビス・
プレスリー邸へ行くのもいいが、中国の胡錦濤国家主席、韓国の盧武鉉大統領にすぐ電話
しなければ、日本は本当の意味でアジアの大国とは言えない」と指摘。
 同時に「北朝鮮を導いてほしいと中韓両国に厳しく言わなければいけない」と主張し、
アジア外交を立て直さなければ「北朝鮮のミサイル発射問題で中韓などに日本と協力しよう
という空気が出てこない」と強調した。
 宮沢氏はTBS番組の収録で、首相が訪米とミサイル発射の時期が重ならず「ついている」
と発言したことに触れ、「自分の国が撃たれる可能性を想定していない」と国のトップとして
の危機意識の希薄さを指摘した。




半ボケ小泉の妄言は兎も角として、安倍や中川、石原の腕っ節は
相変わらずです。安倍官房長官などはどちらかと言えば保守層の人や
北朝鮮に反感を覚えている人からの支持はそのままに、そうでない
一般の人々からも本件によって支持を集めるに違いありません。
というのも、人々に過激と捉えてられていた普段からの安倍の姿勢や
言動も、今回のミサイル発射によって寧ろ「頼り甲斐のある勇敢な
政治家」と映るわけです。安倍はいつもあんなんですが、安倍の強硬な
それに違和感を感じていた人も、北朝鮮への不信感と怒りと恐怖感から、
安倍の言動を好意的に捉えることが出来てしまう余地が大いに
生まれているわけですね。安倍の宿敵である北朝鮮のミサイル発射が、
実は安倍を次期首相の道に大いに後押ししているという見方も
大いに成り立つのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント


確かに。福田はもう終わりだ。
2006-07-10 月 17:09:35 /URL /考え中 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。