初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

ネギまが再アニメ化されるらしいが、覚悟はいいか

NEWSJAPANで別段取り上げられるまでも無いテロップミスがあった。

冒頭でニュースのダイジェストがあるのだが、
その時に無関係のニュースで「教祖逆切れ」とのテロップが表示され、
続いて摂理の教祖のチョンの神々しい映像が流れているときのテロップは
「難事件の解決に挑む」であった。

僕はてっきりエッチな教祖様が難事件を解決してくれるのかと勘違いしてしまったではないか。
どんなテロップミスやねん。


はてさて、諸君も「魔法先生ネギま!」ぐらいは多少は耳にしたことがあるだろう。

昨年などアニメ化されてハッピーマテリアルが大流行、
クラスメートが情報の時間のプレゼンテーションでハッピーマテリアルを
教室に流した時など笑いと悪寒が止まらなかったことは記憶に新しい。

そんなネギま!は作画崩壊によって視聴者のみならず原作者の赤松から
失笑を買うほどにアレな作品であったようで、実際のところ1話だけ見たが
微妙やなあ、という感想であった。

まあ、要するに再びアニメ化ってのは作り直しである。
そういうことなのである。

で、今回の再アニメ化であるが、なんとびっくり
ぱにぽにだっしゅ!と同じスタッフが起用された。

監督は勿論、彼だ、新房昭之だ。

ぱにぽにだっしゅ!がそっち方面に大変受けていたので
ファンたちはひとまず安心のようであるが、そんな場合ではない。

新房昭之ってのは大変、奇特なクリエイターであることを先ず認識しなければならない。

ぱにぽにだっしゅ!は原作の内容でそのままやっていたら
単なるあずまんが大王もどきで終わっていたに違いない。
だって原作は当初はあずまんが大王のパク(ry

異常なほどのパロディネタ満載、ストーリーそっちのけである。
原作ファンからすれば複雑な気持ちであったに違いない。

彼の過去の監督作品、それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコに於いては
原作ファンから完全に見放され、視聴率も全く芳しくなかった。

キャラクターデザインには渡辺明夫、即ちぽよよんろっくや空中幼彩と
今では名を変え売れに売れているあの方を起用しており、
ヨーコから何から何まで絵が違うのだ。
原作ファンから叩かれまくりであった。

今回のネギま!もそんなカンジである。
既にデッサンも絵柄も微妙である。
叩かれてるかどうかは知らんが。

そりゃあそうだ、新房は実は原作クラッシャーであるからだ。

で、ヤマモト・ヨーコはVHSの中古で全部観たのだが、ぶっちゃけるとつまらん。
演出は奇抜である。大変奇抜である。だが、それだけなのだ。
序盤は戦闘や会話も含めて面白いのだが、中盤辺りから一気にだるくなる。
シリアスになると一気にダレるのだ。ゼンガートーナメントあたりは
もうダメダメ。

調べてみたが、原作とは全く展開も何から何まで異なるようだ。
演出はすごいが、それだけの作品。としか評価のしようがない。

他にはてなもんやボイジャーズというわけわからん作品も作っていたか。
これも中古VHSを買って観てみたが、もうすごい。
オープニングはゲバゲバ90分のテーマ、エンディングは演歌の誰かが風の中でである。

しかも登場キャラクターの殆どが広島弁で喋るスペースオペラである。
ヤクザと宇宙警察がロボットでやりあうわけのわからん作品である。

更にだな、ナレーションが凄いぞ。
なんとびっくり、来宮良子だ。

だれだかわからん、という人は「演歌の花道」や
「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」や
ワイドショーなんかを思い浮かべるといい。

僕は毎週彼女の声に本当は怖い家庭の医学で怖がらせられているのである。

極道、ヤクザ、広島弁、演歌、スペースオペラのドタバタアニメで
ナレーションは来宮良子って、どんなアニメやねんて話だ罠。

で、ネギまの話に戻るのだが、これにもナレーションがつく。
これまたびっくり、麦人がナレーションではないか。

麦人とはだれかわからないという人は、ウヨのオナニー仮想戦記アニメ
紺碧の艦隊のナレーション、ぱにぽにだっしゅ!の宇宙船の艦長のエイリアン、
装甲騎兵ボトムズのカンジェルマン殿下、エヴァのキール議長を
思い浮かべるがいい。

彼らの声優が麦人である。

あんな重厚な声の持ち主が萌えアニメのナレーションだぞ?
想像できるか?俺はできる。とんでもない原作クラッシュアニメ、
ネギま!の姿が想像できる。

いや、違うな。
「ネギま!」ではなかった。
「ネギま!?」である。

これはギャグではない、公式発表である。
ネギま!第二期のアニメの正式タイトルは「ネギま!?」である。

さらにインタビューを観てみようか。

赤松コメント:今回の「ネギま」新作アニメ、
すごく「動きそうな」絵で、とても期待が持てますね。新しい
アニメスタッフの方にお会いしたんですけど、監督の新房さんと
脚本の金巻さんのコンビも、とてもやる気のある方々でした。
それと、なんといっても漫画版「ネギま!」とは、ちょっと違った
オリジナル展開になるようなので、
新鮮な気持ちで期待しています。
ひょっとして、漫画版を軽く凌駕したりして!?
あと、ネギやクラスメイトを演じていただく声優さんたちは、
もう長いお付き合いの人ばっかりなので、安心してお任せできる感じですね。
「ネギま!」ファンの皆さんにも、ぜひ期待していただいて、
一緒にワクワクしてイベントを待ちましょう!!



注目すべきは赤松のコメントであり、やはり原作とは違う作品になるようである。
前期が原作重視でアレしちゃってるし、まあ正解なのかもな。

「原作に近づけりゃ失敗する、だったら原作と乖離させれば成功するんじゃね?」
という企画や講談社サイドの浅はかな希望的観測が見え隠れする人選である。

冒頭でも触れたが、ぱにぽには原作をマンマでアニメ化しても
つまらなくなりそうな薄っぺらい作品である。
別にぱにぽにを否定しているわけではなく、事実そういう部分が
あの原作独特のノリを作り出しているし、僕もそういう部分を気に入って
単行本を買い集めている。

だがネギま!はストーリーも何もかも綿密でね、ぱにぽにとはまたベクトルが違うわけよ。
原作そっちのこで変な演出とりわけパロディを詰め込みまくっても
それはそれでぱにぽにだっしゅはウケたんだけど、ネギまとは
また話が違うわけで、原作ファンの数もネギまは圧倒的だろう。

ソウルテイカーも変な演出してもそれなりに好評だったし、
なのはも普通に良かったようだけど・・・。

なんかねぇ、新房節が露骨に出そうなのよね。
別にネギま!の原作信者でも無けりゃ大丈夫だとは思うけどさ。
どこまで原作と離れるか、離れすぎないかってのがポイントだわな。

オチなし
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。