初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
http://culture.163.com/culture/editor/special/serial/050519/050519_146376.html
ここに全文掲載されているようです。残念ながら絵はなしですが。当然か。
ちょっと目を通しましたが、田中上奏文なんかも大真面目に取り上げて洗脳ネタにしているようです。
「支那」についてはかつて「倭」と呼ばれて蔑まれてきた劣等感から「支える」という字を使って慰めているという。おいおい、お前らの偉大なご先祖様三蔵法師があてて、魯迅も使用してきた由緒ある言葉だぞ。
歴史資料としては最低ですが、現代支那人の心理分析には役に立つものかもしれません(ワラ
2005-06-22 水 18:40:57 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

「そんな存在を中国共産党は作り出」せました【日本論】赤い小林よしのり誕生!

小林よしのり 戦争論2 38ページ

red_kobayashi1_01.gif


小林よしのり 戦争論2 39ページ

red_kobayashi1_02.gif


そして・・・






日中間の歴史描くマンガ「論日本」、作者熱弁
2005/06/16(木) 23:05:14更新
 漫画家である小林よしのり氏の「新ゴーマニズム宣言 台湾論」に刺激を受けた、作家の于信強氏が1年間にわたり資料を集めながら描いたという漫画「論日本」の発行式が15日、北京市の蘆溝橋で行われた。中国新聞社が伝えた。

  この漫画は八つの部分に分かれており、第6部分には蘆溝橋事件や南京大虐殺などの様子が描かれている。写真は、表紙に描かれたデザインについて、熱弁を振るう作者の于氏。

  新浪網(SINA)の書籍紹介ページでは、「日本の右翼勢力及び日本政府が、歴史を直視し、戦争を真剣に反省した上で、中国人民に謝罪してほしい。そうすることで、良好な友好関係を維持することができる」などと前置きをし、「論日本」の内容を紹介している。(編集担当:田村まどか)


red_kobayashi2.gif

「小林よしのり氏の「新ゴーマニズム宣言 台湾論」に刺激を受けた、作家の于信強氏」





首都北京の蘆溝橋という場所で、発行式が行われ、
こうも堂々と報道されているのは中国共産党の関与を臭わせる。

「そんな存在を中国共産党は作り出」せちゃいました。

まあ、内容はぜひとも確認したいところだな。
スポンサーサイト

コメント

Non Title
http://culture.163.com/culture/editor/special/serial/050519/050519_146376.html
ここに全文掲載されているようです。残念ながら絵はなしですが。当然か。
ちょっと目を通しましたが、田中上奏文なんかも大真面目に取り上げて洗脳ネタにしているようです。
「支那」についてはかつて「倭」と呼ばれて蔑まれてきた劣等感から「支える」という字を使って慰めているという。おいおい、お前らの偉大なご先祖様三蔵法師があてて、魯迅も使用してきた由緒ある言葉だぞ。
歴史資料としては最低ですが、現代支那人の心理分析には役に立つものかもしれません(ワラ
2005-06-22 水 18:40:57 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。