初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


もう五年かあ…。
当時はラジオを聞いてゐたら急に番組が終って『ああん(--メ)ふざけんなこらあー(激怒)』してゐたが青かったなあ…。
毎年思ふよ。九月十一日が誕生日の声優さんは厭な気分だらうと…。

個人的には、UFOは無人観測機の類だと思ふ。
2006-08-14 月 18:28:57 /URL /考え中 /編集

それはね、プラズマですよ。
UFOも霊魂も全てはプラズマなのです。
2006-08-14 月 18:33:51 /URL /せんしゅ@大槻教授 /編集

とりあえず筋肉少女帯と言って見るテスト。

 まぁUFOみたいな無人飛行物体をアメちゃんが開発がんばってるから(X-45だっけ?丸くないという突っ込みを無視するのは仕様で)
そしたらアカい人と仲良くUFOはアメリカの陰b(ry
2006-08-14 月 18:48:22 /URL /patriot-a /編集

コメントの投稿


秘密にする

貿易センタービルを設計したのは姉歯一級建築士だった!(陰謀論

考えてみりゃあ、あれから早くも5年である。

アフガン空爆とイラク侵攻、そしてテロの恒常化というカタストロフィーの発端が紛れもなく
あの9/11の米同時多発テロである。

当時は深夜に母親が「飛行機ビルに突っ込んだ!飛行機ビルに突っ込んだ!」などと
奇声を甲高く上げていたものであるし、翌日の新聞テレビは
同時多発テロのニュースで埋め尽くされていた。

何でこんな騒ぐんやろなあ、と思っていた小6の夏の暮れであった。

その辺の疑問が、今にしてみれば僕が政治や戦争、軍事に強い興味と関心を持ったきっかけであった。

さてまあ、そんな同時多発テロには様々な陰謀論があったもので、
アメリカではこんな動きがあるという。


米同時多発テロ「陰謀説」が再燃の兆し 2006.08.13Web posted at: 19:36 JST- AP

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200608130018.html

(AP) 「世界貿易センター(WTC)ビルは内部に仕掛けられた爆発物で崩壊した」「米政府による自作自演だったのではないか」――5年前の米同時多発テロをめぐり、米国内で「陰謀説」が再燃の兆しを示している。一部の学者らがグループを結成し、今年6月には「真相究明会議」を開催するなど、活発な運動を展開して議論を呼んでいる。

同時テロでは「WTCビルがハイジャック機の激突による火災で崩壊した」というのが、米政府の公式見解。これに疑問を投げかけているのが、「9-11の真実を求める学者たち(S911T)」と名乗るグループだ。ウエブサイトに掲載されている説によれば、WTCは「計画的に爆破」され、米政府は「政治的目的のために」これを許可したか、さらには「画策した可能性さえある」という。

S911Tに名を連ねる学者は約75人。シカゴで開かれた真相究明会議には、約500人が参加した。同時テロ陰謀説は以前からくすぶり続けていたが、最近新たな注目を集めるきっかけのひとつとなったのは、メンバーの1人、イスラム研究者ケビン・バレット博士の言動だ。

バレット博士は今年初め以来、地方紙やラジオ番組で「WTCビルは爆破された」との説を唱えてきた。今秋ウィスコンシン大で担当する講義の中でこの説を取り上げると公言したことから、同州議会から抗議の声が上がる騒ぎとなっている。

また、S911Tの中心メンバーであるブリガムヤング大の物理学者、スティーブン・ジョーンズ教授は、「WTC崩壊時には溶けた鉄が流出した。火災の熱で鉄が溶けることは考えられず、高温を発するテルミット爆弾が使われたとみられる」と主張する。これに対し、米政府は「溶け出した金属は飛行機の機体のアルミニウム片」との見解を示している。

クレムソン大で機械工学の助教授を務めていたジュディ・ウッド氏は、「爆破でなければあれほど短時間に崩壊するはずがない」とした上で、「政府がうそをついているとすれば、テロに加担していたことを疑わざるを得ない」と語る。ウッド氏は昨年、助教授の席から外れた。人事の背景に「同時テロ問題をめぐる立場」があったと同氏は主張するが、大学当局はこれを否定している。「この問題に深入りして、追放されることを恐れる学者は多い。それでも私は、真実の方が重要だと考え、こちらの道を選んだのだ」と、ウッド氏は話している。



アメリカ人は陰謀論が大好きである。
エリア51では宇宙人が・・・
月にはUFO基地が・・・
なんていう類のオカルト話まで含めて陰謀論が大好きである。

同時多発テロに関しては、崩れ落ちるビルの煙が悪魔に、とか
UFOが写っていた、とか、
その現れた場所では以前にも有名なUFO映像が撮られていた、とかいう
話もあるが、それらはおいておく。

僕は月刊ムーも読んでいるし、年末には紅白歌合戦ではなく
テレ朝のオカルト討論番組を観る人間であるので、
そういう話には詳しいが、それらはまた別の機会に話そう。

まあ同時多発テロの陰謀論の爆破説は、飛行機だけで十分なのに
アメリカ政府がわざわざ爆破する理由も見あたらないし、
突拍子過ぎるのでどうでもよい。

他にも追突した飛行機は自動操縦だったとか犯人は生きているとかいう陰謀論もあるが、
全て信憑性がないので、僕が個人的にまだ面白いなと思えるのは
「4機目の民間機は墜落ではなく撃墜」「3機目は民間機ではなくトマホーク」という説である。

映画化もされプロパガンダになったようである3機目の民間機だが、
破片の散らばり方が地表でのそれではなくて、周辺に大きく広がって
飛散している点から、墜落して地面でバラバラになったのではなく、
上空でバラバラになった、つまり米軍による撃墜という話。

もうひとつはペンタゴンに突っ込んだ奴であるが、
追突後の炎上するペンタゴンの写真、映像に飛行機なんか映っとらんじゃないか、という話である。
こっちはトマホークっていうのが通説で、現場に落ちていた民間機のものではない
謎の部品が米無人機グローバルホークの部品に似ていたことから
グローバルホークが突っ込んだという説もある。
僕は後者を推したい。

ま、所詮は陰謀論であるので過度に信じないように。
全てを陰謀論だから、と思考停止して拒否するより、知ってみるのも悪くはないはずだ。

さあみんな、同時多発テロ 陰謀論をキーワードにしてGoogle先生に訊いてみよう!
スポンサーサイト

コメント


もう五年かあ…。
当時はラジオを聞いてゐたら急に番組が終って『ああん(--メ)ふざけんなこらあー(激怒)』してゐたが青かったなあ…。
毎年思ふよ。九月十一日が誕生日の声優さんは厭な気分だらうと…。

個人的には、UFOは無人観測機の類だと思ふ。
2006-08-14 月 18:28:57 /URL /考え中 /編集

それはね、プラズマですよ。
UFOも霊魂も全てはプラズマなのです。
2006-08-14 月 18:33:51 /URL /せんしゅ@大槻教授 /編集

とりあえず筋肉少女帯と言って見るテスト。

 まぁUFOみたいな無人飛行物体をアメちゃんが開発がんばってるから(X-45だっけ?丸くないという突っ込みを無視するのは仕様で)
そしたらアカい人と仲良くUFOはアメリカの陰b(ry
2006-08-14 月 18:48:22 /URL /patriot-a /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。