初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

東條英機の孫娘がKBS出演、韓台代表を論破 「討論は日本人の勝ち」

靖国問題が槍玉にあがると、ブラウン管を通じて
物静かな老女を頻繁に見かける。

「A級戦犯」とされている東條英機の実の孫娘だ。

終戦後は周囲から白い目で見られ悔しかったという話を耳にしたことがある。

そんな彼女がKBS(韓国放送公社)のテレビ番組で、
実質的には2対1の討論で奮闘していたことがわかった。

【ソウルからヨボセヨ】 東条さんの健闘(08/19)

 A級戦犯として処刑された故東条英機首相の孫娘の由布子さん(67)が
韓国のテレビに出演し大健闘した。KBS(韓国放送公社)テレビが「8・15」
特集番組として13日夜に放送したドキュメンタリー「靖国との戦争-靖国と
3人の女性」で、番組の最後に行われた討論の際、靖国神社反対運動を展開
している韓国と台湾の女性を相手に静かに堂々と反論を展開し、戦没者慰霊
をめぐる日本人の立場と“気持ち”に理解を求めたのだ。

 台湾代表は反日活動家の国会議員で韓国代表は戦没者の遺族。
由布子さんはとくに韓国代表に対し「日本人として共に戦って亡くなられたお父さん
の御霊(みたま)を靖国神社からはずすなどということを、果たしてお父さんは
喜ばれるでしょうか。当時のお父さんの気持ちをもっと大切にしてあげるべきでは
ないでしょうか」と語りかけた。

 台湾代表は手を振り上げ演説調の日本糾弾に終始し、韓国代表は興奮して座を
立ってしまった。

 放送後の視聴者の反応は「日本人の主張には同意しないが討論は日本人の勝ち」
というものだった。そして感情むき出しでしか対応できなかった韓国代表に歯ぎしりし
「もっとちゃんとした討論者をなぜ出さなかったのか」とテレビ局へのおしかりが多かった
とか。(黒田勝弘)



あーやっぱり黒田勝弘か。
こういう系統の韓国ネタは産経のこの人なもので、SAPIOでも連載を持ってたはず。

韓国放送公社というのはその名の通り公共放送もとい国営放送。
反日感情に火の付いた韓国台湾の反日論者の滑稽な姿は想像に難くないので、
つまりは韓国が返り討ちに逢ったという事でいいですよね(ぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。