初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

公開!これが私の現文レポート 我らが祖先縄文人は二次元だった

20060919194457.jpg

20060919194535.jpg

20060919194758.jpg

20060919194823.jpg


ほら、めちゃくちゃ書いたぜ。エヴァチックな演出、オカルト漫画のコマの使用、フォトンベルトの画像をあえて画質を荒くして印刷(ムー的演出)、そしてMANGAムー(二刊で廃刊)に登場した女の子を最後に描いて終了。


 ここからは課題に書けなかった。

 フォトンベルトが地球を包み込むと、人類はアセンション(次元上昇)するらしい。つまり、3次元から4次元に人類は進化しなければ生き残れないのだという。

 地球は1万1000年ごとにフォトンベルトに突入する周期をとっているそうで。ということは、フォトンベルトに前回地球が突入した時代は、縄文時代である。

 つまりだ、我らが祖先縄文人が生き残っているのは、アセンション(次元上昇)を成し遂げたからに他ならない。我々は今、三次元だ。

 然るに、縄文人はアセンション(次元上昇)する以前は二次元だったのだ。

 パソコンゲームに興じ、二次元の女の子と戯れる退廃的な諸君。喜びたまえ。縄文時代以前は人類はパラダイスだったのだ。血の繋がっていない妹(or姉)や、朝起こしてくれる幼馴染や、転校初日に遅刻してパンを銜えてぶつかってくれる転校生がいたのだ。そこには地上の楽園が広がっていたのだ。

 1万1000年ほど君たちは遅く生まれてしまったのだよ。せいぜい自分の生まれた時代を嘆くがいい。


【関連】

今、「マヤ文明」がアツい!
http://kokubou.blog11.fc2.com/blog-entry-420.html
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。