初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


倖田來未の壁紙についてこうだくみ画像コムが日々語りま す。
... 倖田來未(こうだくみ)画像コム☆エロかわいい?
こうだくみさんに関する情報を発信していきます。
後世に残るブログを目指す ... 。
閲覧者にコンサートチケットプレゼント!
http://www3.to/caribbeancom
2006-10-10 火 22:49:12 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

あ、専守防衛ぽいレイアウトに戻った。コードギアス見逃したっ、とか思ってたらまぁなんつー内容なんでせうか。
ファーストガンダムのジオンてどう見ても、、、だったのに。
そして今回はこれか。
2006-10-11 水 11:24:10 /URL /patriot-a /編集

携帯端末での閲覧用と云った感じ。

私も反米だよ。
けど聞くに堪えない内容だなあ。

(パンッ!パンッ!)どうかプロデューサーが降板しますよーおに…。
2006-10-11 水 18:42:36 /URL /考え中 /編集

不謹慎ながらツインタワーモドキの画像で吹いてしまった・・・。
いやはやこんなアニメだったとは・・・w
2006-10-11 水 19:47:49 /URL /チェロ /編集

そうだ高橋監督に謝れ!って言うかどうかは本編を見てから決めることにする。何故ならローラーダッシュやリフティングウインチの物真似が、単なるデッドコピーではなくて、本家もやらなかったような芸当を見せてくれた場合には許せるから。
ちなみに僕も絶滅危惧種です。

それにしてもキングT@KED@がこんな発言を本気でしているならかなりの狂人だ。その場合、この狂気をうまく利用すればかなり面白いものが見られるのではないかと期待する。

でも今ブリタニア本国にいるので(正規ルートでは)見られません!
2006-10-12 木 12:46:19 /URL /OA /編集

『ガサラキ』は、高橋良輔総監督に谷口悟朗助監督という形でしたが、実質的な監督は谷口氏だったという風に聞いています。谷口氏の初監督作品は『無限のリヴァイアス』ですが、その一年前の『ガサラキ』も谷口作品と言っていいのではないでしょうか。
というわけで、今回の作品は谷口監督のメカアクション作品としては原点回帰なのだろうと解釈しています。
作品全体の性格は、見始めたばかりで何とも言えませんが、まず、はっきり悪と断定できる権力を登場させておいて、それに反抗する主人公もまた、間違いなく悪である、という物語ではないかと思っています。
それにしても、どうせなら実在の地名など出さない、完全に架空世界の話にしてほしかったという気がします。
2006-10-14 土 23:13:14 /URL /あっざむ茶 /編集

つまんなくねーお!観てから判断しろだお!w

あんなネタに富んだ素敵アニメはテレビで観るべき

ツインタワーより注目すべきはTAのギミックとはっちゃけぶり

そうそう、寧ろガサラキの続編が望めない以上、TAが新作に登場したことを素直に喜ぶべきですよね。
本家以上のアクションがあったら、それはそれで収穫やもしれません。

高橋監督の作品への関与は必ずしも強かったわけではありませんものね。
ガサラキドラマCD4巻のスタッフのコメントからもそれが伺えます。
谷口監督がいい仕事をしないはずがありませんので、今後に期待大です。
2006-10-18 水 22:40:50 /URL /Senshu /編集

遅くなりましたがSenshuさん初めまして。なんだか私と趣味が合いそうですね・・・ってだからここに来ているわけですが。

ブリタニア帝国からでもBIGLOBEでルルーシュ見られました!でもウチは回線速度が遅くて紙芝居になってしまうので、帰国してからのお楽しみにしようかなと。

友人に聞いたら「今のところそれほど極端な反米アニメとは感じない」と言っていたので、まずは普通に娯楽として楽しめそうなのかなとも思ったりして。

ネタばれ怖いけどSenshuさんのルルーシュ評楽しみにしています。
2006-10-18 水 22:59:39 /URL /OA /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-01 土 22:14:51 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

(SEED+エウレカ+ガサラキ)×反米=コードギアス ナイトメア≡TA

 「日本人万歳!」と叫びながら自爆テロ、どうみたって911なツインタワー爆破、敵はどう見たってアメリカ、多すぎる流血シーン、主人公はテロリスト、アメリカに占領統治される日本、プロデューサーは反米左翼の朝鮮総連関係者・・・。

 なんつーキナ臭いアニメであろうか。これはサンライズの今秋期待のロボットアニメ、コードギアス 反逆のルルーシュである。

codedias_911.jpg
(画像:どうみたって911なツインタワー爆破)

 これはひどい。とてもじゃないが諸外国の方々にはお恥ずかしくて観せられない。

 同じサンライズの作品であるガサラキも対米戦争一直線で三島由紀夫みたいな右翼のおっさんが出てきたりもするが、あっちにはまだ品がある。軍事介入するアメリカとの戦いにしてみても、硬派なポリティカルフィクションを取り入れたアニメとして新鮮に映えた。
 現にGasarakiでググると、湾岸戦争を模倣したベギルスタン紛争とリアルなロボット描写、そしてなにより能学の要素により外国人からとても好印象に受け取られている場合が多い。

 でもコードギアスの1話は、うーん。それとはまたベクトルが異なる気がする。政治色のサジ加減を思いっきり間違えてる気がするのだ。攻殻や何やらの政治すらもテーマに扱った作品とも違うし。デリケートな政治的アイロニーを多分に含ませておきながら、娯楽性と中の人の相容れない政治思想が滲み出ていて、違和感すら覚える。やっぱ、プロデューサーがアレの時点でオワタってことだろうか。

 露骨にブリタニア(と云う名のアメリカ)人がイレヴン(と云う名の日本人)に対して猿、猿と連発すると、やはり表現過剰であろうか。この作品が土曜日の夕方枠が蹴られて深夜に持ってこられた理由がよくわかる。


コードギアス ナイトメアフレーム と ガサラキ タクティカルアーマー の相似点

 何だか雰囲気的にどことなくTA(タクティカルアーマー)を髣髴させるデザインのナイトメアフレームは、「約4.5mと小柄に出来ており市街地の戦闘に適したように作られている」(Wikipedia)らしい。因みにTAも専ら市街地での局地戦闘を主眼に据えられ製作されたことは劇中では勿論、小説版でも幾度と無く強調されているし、全高も4.4mとかなり同じ。基本的なコンセプトからしてそのまんまナイトメアはTAなのである。

 デザインが何となく似ていて、コンセプトや全高が焼きなおし。ただそれだけかなあ、と思って観ていると、そうでも無い。

 ナイトメアが動作するたびに「ナイトメアの駆動音ってガサラキの駆動音に似てね?」「おいおい、搭乗方式まで同じかよw」「今度はリフティングウィンチまで撃ちやがったwww」と笑うしかないのである。

frame_ta_contrast.jpg
(画像:笑うしかないのである)

 劇中の戦車も12式に似ていた気がしなくもないが、それは流石に言いがかりか。

 TAとナイトメアはギミックまでそっくり。いくらガサラキファンが極少数派の絶滅危惧種だからって、イヅブチ的デザインでリアルロボットアニメの頂点を極めたTAを勝手にパクるんじゃねえ。リフティングウインチどころか装甲騎兵ボトムズのローラーダッシュまで出てきやがった。謝れ、高橋良輔監督に謝れ!

 どうやらこれらもプロデューサーのお家芸らしい。SEEDにしてもエウレカにしても、コイツが関わった作品には他のロボットの焼き直しやインスパイヤが多数。

※インスパイヤの例)ホビー日記:AT+TA+MF+HWT÷2=ナイトメア・フレーム
(これまでプロデューサーが関わった作品がインスパイヤしたロボット)

 ああ、オープニングもエウレカのと同じ人だっけ?キャラデザはCLAMPで、エンディングはALIPROJECTか。何か豪華すぎてごった煮というか、相殺しているというか、プロデューサーのアレっぷりがカンに障る作品だなあ。

 「自分は朝鮮総連と親密で、在日問題をやっていたことがある。万景峰号に3回乗ったことがある」「世界中で戦争を起こし、殺人を行っているアメリカとは何かを問いたい」とかアニメ誌や新聞で自慢しているキチガイ素敵なお方なので、もうこれは仕方ない。諦めろ。

 いや、製作に関わっているのは有名なクリエイティヴな方々や天下のサンライズなわけで、それでいてもこういう冒険的で挑発的な反米アニメを作ってしまうだなんて、そういう類稀な作品も珍しいのだから、もうこの寒すぎて笑えない状況を逆に笑って楽しんでしまうぐらいの気概でいたい。作画のクォリティーだって申し分は無いだろう。このエントリーだってかなり意地悪な見方をしているし、政治的側面のセンスを除けば今期中でも一級の作品である。エロゲ原作のほかのアニメより軽快によく動くし、妥協した作りの安直な萌えアニメよりよっぽどチャレンジャー精神に富んでいる。先行予約の放送も含めてサンライズ側の力の入れようも伺える。

 諸君もこのキナ臭いアニメを毎週楽しく見守ろうではないか。



 【関連資料】

竹田菁滋 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

作風
作品によりその濃淡強弱はあるが、反戦や文明の衝突的な近代西欧文明と他の文明との衝突、および反米的思想をもった作品作りをしている。以下では特に上記の思想が色濃く出た作品を紹介する。

(略)

また、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』公式サイト(2004年12月10日付)においては「『機動戦士ガンダムSEED』から引き続き、非戦を訴えたい」「(イラク戦について)自分が作成したアニメを通して、視聴者に身近な問題として考えて欲しい」との主旨の発言を行っている。

これらの作風や考えは、アニメファンから「竹イズム」と呼ばれることがある。同人に対しては、このような主題を子供向けの番組に盛り込むことは公私混同ではないかという指摘がある。

スポンサーサイト


コメント


倖田來未の壁紙についてこうだくみ画像コムが日々語りま す。
... 倖田來未(こうだくみ)画像コム☆エロかわいい?
こうだくみさんに関する情報を発信していきます。
後世に残るブログを目指す ... 。
閲覧者にコンサートチケットプレゼント!
http://www3.to/caribbeancom
2006-10-10 火 22:49:12 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

あ、専守防衛ぽいレイアウトに戻った。コードギアス見逃したっ、とか思ってたらまぁなんつー内容なんでせうか。
ファーストガンダムのジオンてどう見ても、、、だったのに。
そして今回はこれか。
2006-10-11 水 11:24:10 /URL /patriot-a /編集

携帯端末での閲覧用と云った感じ。

私も反米だよ。
けど聞くに堪えない内容だなあ。

(パンッ!パンッ!)どうかプロデューサーが降板しますよーおに…。
2006-10-11 水 18:42:36 /URL /考え中 /編集

不謹慎ながらツインタワーモドキの画像で吹いてしまった・・・。
いやはやこんなアニメだったとは・・・w
2006-10-11 水 19:47:49 /URL /チェロ /編集

そうだ高橋監督に謝れ!って言うかどうかは本編を見てから決めることにする。何故ならローラーダッシュやリフティングウインチの物真似が、単なるデッドコピーではなくて、本家もやらなかったような芸当を見せてくれた場合には許せるから。
ちなみに僕も絶滅危惧種です。

それにしてもキングT@KED@がこんな発言を本気でしているならかなりの狂人だ。その場合、この狂気をうまく利用すればかなり面白いものが見られるのではないかと期待する。

でも今ブリタニア本国にいるので(正規ルートでは)見られません!
2006-10-12 木 12:46:19 /URL /OA /編集

『ガサラキ』は、高橋良輔総監督に谷口悟朗助監督という形でしたが、実質的な監督は谷口氏だったという風に聞いています。谷口氏の初監督作品は『無限のリヴァイアス』ですが、その一年前の『ガサラキ』も谷口作品と言っていいのではないでしょうか。
というわけで、今回の作品は谷口監督のメカアクション作品としては原点回帰なのだろうと解釈しています。
作品全体の性格は、見始めたばかりで何とも言えませんが、まず、はっきり悪と断定できる権力を登場させておいて、それに反抗する主人公もまた、間違いなく悪である、という物語ではないかと思っています。
それにしても、どうせなら実在の地名など出さない、完全に架空世界の話にしてほしかったという気がします。
2006-10-14 土 23:13:14 /URL /あっざむ茶 /編集

つまんなくねーお!観てから判断しろだお!w

あんなネタに富んだ素敵アニメはテレビで観るべき

ツインタワーより注目すべきはTAのギミックとはっちゃけぶり

そうそう、寧ろガサラキの続編が望めない以上、TAが新作に登場したことを素直に喜ぶべきですよね。
本家以上のアクションがあったら、それはそれで収穫やもしれません。

高橋監督の作品への関与は必ずしも強かったわけではありませんものね。
ガサラキドラマCD4巻のスタッフのコメントからもそれが伺えます。
谷口監督がいい仕事をしないはずがありませんので、今後に期待大です。
2006-10-18 水 22:40:50 /URL /Senshu /編集

遅くなりましたがSenshuさん初めまして。なんだか私と趣味が合いそうですね・・・ってだからここに来ているわけですが。

ブリタニア帝国からでもBIGLOBEでルルーシュ見られました!でもウチは回線速度が遅くて紙芝居になってしまうので、帰国してからのお楽しみにしようかなと。

友人に聞いたら「今のところそれほど極端な反米アニメとは感じない」と言っていたので、まずは普通に娯楽として楽しめそうなのかなとも思ったりして。

ネタばれ怖いけどSenshuさんのルルーシュ評楽しみにしています。
2006-10-18 水 22:59:39 /URL /OA /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-01 土 22:14:51 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

{{{ポスト種として期待される超話題作先に断わっておきますが、この類のアニメに関しちゃ私も容赦しませんぜ~! (’ω’)叩き要素が多い分、まともな感想にならない場合もあるかもしれません・・・}}}= 超反米アニメきた~!!!(´ρ`) ={{{私が知る限り間違いなく最強
まず、初期設定を何故日本にする必要があるのかさっぱり判らない。フィクションだとすれば普通に受け入れられたのに、日本とするから変なところまで突っ込み対象になってしまいます。大体ブリタニア帝国ってなんなのよ。も
Fioricet etc butalbital acetaminophen. Fioricet. L école de pharmacie en ligne dans fioricet.
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。