初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


うぎゃああああああ!!
なんか紹介されてる!!
いや凄く嬉しいわけですがw

専守さんの描くキャラ、結構かわいいと思いますが、
本格的に萌え絵を描くなら
ttp://www.moee.org/
ttp://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/
以上を参考にして忠実にやれば
本とか買わなくてもいいと思われます。
是非頑張って!
2006-10-25 水 13:37:27 /URL /たかふみ /編集

お役に立てて光栄であります。

文章にしてもそうです、絵にしてもそうです。
「厨房でこのレベルなら悪くないね」程度では駄目なのです。
ましてや工房の折り返し地点です。
年齢相応などという免罪符によりスキルが妥協して評価されることはもうありません。
他人はもう色眼鏡を掛けずにアクチュアルに視ることになります。
文章は絵のオルタナティヴとはなり得ません、絵と文章のスキルを両立したいのです。
貴重なサイトを教えていただきありがとうございます。
2006-10-25 水 14:28:36 /URL /Senshu /編集

イラストも文章も書いちゃうライトノベル作家
実にハイブリッドで出版社にも優しいですね
イラストと原稿のギャラ別々に払う必要が無いわけですから。

何かこう、クリスマスと誕生日が同じでプレゼントが一つしか貰えない
かわいそうな子を連想してしまいますw
2006-10-25 水 16:10:20 /URL /J_O_L /編集

どうして平仮名で書く「えっち」はこんなにエロいんだろうw
2006-10-26 木 01:03:03 /URL /雲龍 /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-02 日 02:30:00 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

エロと言うよりもえっちと言った方がエロい

 いやはや喜ばしいことだ。懇意にさせていただいているあるブログ(ぶっちゃけるとThe Agency(仮))でついにエロ絵が解禁され、コメント欄では同人誌のダウンロード販売までもが宣言された。実にめでたい。愛でたいスク水。蹴りたい背中。

 最近は妙に下ネタやエロネタが散見できるようになった気もする、が気にするな。いーじす君の残したコメントのように気にしたら負けだと思ってる。

 絵は描いている。マスも掻いている。だが、巧くならない。というのもデッサン云々喚いてはみても、結局のところはそういう部分にカネを捻出しない自分が悪いのである。書店でデッサンや技術に関する本はカネさえはたけば買えるのである。が、僕の近所の本屋には少なくとも無いから、名古屋に行って買わねばならない。

 「お前は名古屋人じゃなかったか?」と思った君は、鋭い。彗眼ですな。いやはや参った参った。まあ待て。そこは突っ込むべきところじゃない。黙って読め。

 そんなわけであるのでいずれはそうした本にも手を出さねばならぬ。お財布がまた寂しくなるなあ。お年玉に期待ageである。

 そういうわけで、何故自分でも絵を描いているのかわからない。実質インフレ状態のライトノベル作家にでもなって優秀な絵師にでも描かせれば、と思うのである。僕は文章は人並み以上には書ける自信がある。評論限定で。(ぁ

 でもなあ、自分でも描きたいんだ。Zaurusで描くの楽しいしなあ。

20061025021548.png



いくらなんでもいきなりこれはひどい。

 眠いからって言ってもこれはひどい。死んだ方がいい。画像をクリックすると拡大されてしまうので諸君らのクリックを全面的に禁止する。というか他に描いてる絵があるだろう、と言われるだろうが、実際のところは大した量なんてこなしてないし最新のがこれなんだからしょうがない。

もうやめてよ
みないでよ
こんなブログみないでよ
ブックマークからはずしてよ

なーにが「はっ、恥ずかしすぎるよぉーっ」だクソッタレ。

恥 ず か し い の は お 前 じ ゃ な く て 描 い て る 最 中 の 俺 の 方 だ よ 。


ああ、まともにこういう絵が描ける日はいつのことやら。
たかふみさんがうっ、羨ましすぎるよぉーっ
スポンサーサイト

コメント


うぎゃああああああ!!
なんか紹介されてる!!
いや凄く嬉しいわけですがw

専守さんの描くキャラ、結構かわいいと思いますが、
本格的に萌え絵を描くなら
ttp://www.moee.org/
ttp://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/
以上を参考にして忠実にやれば
本とか買わなくてもいいと思われます。
是非頑張って!
2006-10-25 水 13:37:27 /URL /たかふみ /編集

お役に立てて光栄であります。

文章にしてもそうです、絵にしてもそうです。
「厨房でこのレベルなら悪くないね」程度では駄目なのです。
ましてや工房の折り返し地点です。
年齢相応などという免罪符によりスキルが妥協して評価されることはもうありません。
他人はもう色眼鏡を掛けずにアクチュアルに視ることになります。
文章は絵のオルタナティヴとはなり得ません、絵と文章のスキルを両立したいのです。
貴重なサイトを教えていただきありがとうございます。
2006-10-25 水 14:28:36 /URL /Senshu /編集

イラストも文章も書いちゃうライトノベル作家
実にハイブリッドで出版社にも優しいですね
イラストと原稿のギャラ別々に払う必要が無いわけですから。

何かこう、クリスマスと誕生日が同じでプレゼントが一つしか貰えない
かわいそうな子を連想してしまいますw
2006-10-25 水 16:10:20 /URL /J_O_L /編集

どうして平仮名で書く「えっち」はこんなにエロいんだろうw
2006-10-26 木 01:03:03 /URL /雲龍 /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-02 日 02:30:00 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。