初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


Senshuさんこんにちはなのです。
『メイダイに注意?何でだ?あ、そうか、全国的には明治大学だったな。』なんて思ってしまった私が今ここにいますよ。
その他の中日新聞、すがきや、名古屋文化圏住まいの私には全て共感出来てしまいました。

そして今日、この記事を読んだ後、友達に「メイダイってさ、」と言ったら、「明治大学がどうかした?」と、心を読まれたように言われました。
…無念orz
2006-11-02 木 16:24:10 /URL /心 /編集

そんなあなたも、「月天(がってん)」のカクテルの味は
知らないだろう。
残念な事にツブれてしまった巫女さん系居酒屋で、大須に
あったんですよー。

寿がきやのラーメンもそうだけど、クリームあんみつは
もっと好きだし、矢場とんのカツは美味しいですねー。
などとホザく私は生まれも育ちも東京(爆)
でも、緑色の山(抹茶スパ)は2度と御免かな。
氷山(やたらデッカい、かき氷)は制覇したけど、

2006-11-03 金 03:17:36 /URL /いつでもどこでも名無 /編集
私は運がいい
Senshuさん皆さんこんにちは。
昨年末春日井に越してきた私も名古屋圏内!まだ「すがきやラーメン」は食したことの無い新米でごめんなさい。
メイダイの話は知っていました。超が付く一流なのに、旧七帝大の中では最もマイナーな「メイダイ」。
これからじっくりと名古屋の味を楽しみたいです。まずは寿がきやのカップうどんから。
2006-11-07 火 11:30:05 /URL /OA /編集

コメントの投稿


秘密にする

GO!GO!名古屋 栄光の未来の首都の味を知れ

 「名古屋駅でおなじみのきしめん」というインスタントのカップうどんを試食した。っつーか朝飯だ。

 いやはや、「寿がきや」の技術力に感服するほか無い。素晴らしい程までに「名古屋の味」を再現している。流石は「寿がきや」、中部圏ローカルというだけはある。

諸君は「すがきやラーメン」をご存じであろうか。名古屋人や名古屋っ子や名古屋通ならば誰もが知るあの独特の懐かしい味だ。名古屋圏内ならばよく目にするその名前のラーメンは、すがきやラーメンの店舗でもスーパーに並ぶ冷凍食品としても味わうことが出来る。それほどまでに名古屋人に浸透した、まさに名古屋の味がすがきやラーメンなのだ。

 一見すると単なるとんこつラーメンにも思えるそれは、香りと味を確かめてみると、あらびっくり。香ばしい鰹(かつお)ダシの味が口の中に広がるだろう。舌触りの良いとんこつのコクと鰹ダシのシンプルながらも奥深いハーモニー、それこそが名古屋人が幼少から馴れ親しむ「名古屋の味」、すがきやラーメンである。名古屋の誇る代表的な食文化だ。

 なお、中学時代の東京への修学旅行で「東京のすがきやラーメンの店舗の数を調べる」と言った輩がいた。どう考えてみたってソイツは馬鹿であるようにしか思えないが、名古屋っ子なら納得できる。それぐらいに名古屋っ子にとってすがきやラーメンが日常にとけ込んでいる存在ということを理解して欲しい。蛇足だが家の母親は成人するまで「中日新聞が日本標準の新聞だと思っていた」そうである。これも名古屋人なら納得できる。それぐらいに多くの庶民的名古屋人の家庭では中日新聞が普及しているのだ。仕方ねえだろ、安いんだから。

 蛇足だが、名古屋人が「私はメイダイに通っていました」と言ったときは注意した方がいい。それは名門「明治大学」ではなく「名古屋大学」であるからだ。名古屋圏独特の現象である。まあ、それでも名大はトップクラスであることは間違いないが、諸君が名古屋人と会話する機会があったら「メイダイとはどこの大学の略称か」と問うてみるとよい。会話にも弾みがつくだろう。

 さて、そのすがきやラーメンを世に売っている「寿がきや」が出しているのがこの「名古屋駅でおなじみのきしめん」というインスタントのカップうどんなのだ。これがすごい。名古屋名物きしめんの麺を生麺タイプにして袋に密封してある。気合いの入りようが違う。その生麺をカップに入れてお湯を注ぐのだが、この時点でかやく・スープの素は入れない。入れないのだ。よくみると、これのカップのフタの両脇には合計7つの穴が空けられている。生麺タイプのきしめんをお湯でほぐした後、ここからお湯を捨てるのだ。つまり、ヤキソバUFOとかその辺をイメージしていただくとわかりやすい。その後でようやくかやく・スープの素を入れ、お湯を注ぐ。生麺タイプのきしめんがほぐされてから、初めてダシがあらわれる。「寿がきや」がいかにこの「きしめん」にこだわっているかがわかる。流石だ。感動した。

 最後に鰹節をかけて完成だ。

 そして出来上がったきしめんは圧倒的に美味い。もはや麺の食感が尋常ではない。柔らかい、というよりもこれは名古屋で食うきしめんの味そのものだ。横太で平たい特徴的な麺が生同然のコシでツルツルと口に入っていく。素晴らしい。素晴らしすぎる。ダシの再現度も極めて高い水準にある。名古屋人の家庭で親しまれるきしめんのダシの味に近いものがある。

 名古屋が誇る名古屋の味、今やこれをコンビニや街で見かけるという事も少なくはないだろう。国防委員長兼朝鮮労働党総書記の金正日同志も名古屋コーチンを愛してやまないのだという。メロンを経済制裁をしても名古屋コーチンだけは止めないで欲しい。蛇足すると、名古屋こーちんという名の同人作家もいる。あれはよい。実によろしい。

 私は名古屋文化圏に属する地域に住んでいるのでその味を容易に楽しむことが出来るし、つぼいノリオのラジオだって楽しめちゃうし、もう名古屋はええよやっとかめな気分なのだ。皆さんも名古屋の食文化にハマってみては如何だろう。
スポンサーサイト


コメント


Senshuさんこんにちはなのです。
『メイダイに注意?何でだ?あ、そうか、全国的には明治大学だったな。』なんて思ってしまった私が今ここにいますよ。
その他の中日新聞、すがきや、名古屋文化圏住まいの私には全て共感出来てしまいました。

そして今日、この記事を読んだ後、友達に「メイダイってさ、」と言ったら、「明治大学がどうかした?」と、心を読まれたように言われました。
…無念orz
2006-11-02 木 16:24:10 /URL /心 /編集

そんなあなたも、「月天(がってん)」のカクテルの味は
知らないだろう。
残念な事にツブれてしまった巫女さん系居酒屋で、大須に
あったんですよー。

寿がきやのラーメンもそうだけど、クリームあんみつは
もっと好きだし、矢場とんのカツは美味しいですねー。
などとホザく私は生まれも育ちも東京(爆)
でも、緑色の山(抹茶スパ)は2度と御免かな。
氷山(やたらデッカい、かき氷)は制覇したけど、

2006-11-03 金 03:17:36 /URL /いつでもどこでも名無 /編集
私は運がいい
Senshuさん皆さんこんにちは。
昨年末春日井に越してきた私も名古屋圏内!まだ「すがきやラーメン」は食したことの無い新米でごめんなさい。
メイダイの話は知っていました。超が付く一流なのに、旧七帝大の中では最もマイナーな「メイダイ」。
これからじっくりと名古屋の味を楽しみたいです。まずは寿がきやのカップうどんから。
2006-11-07 火 11:30:05 /URL /OA /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。