初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
>これを書いたのは2年前だな。
酒噴いちゃったぢゃないですか。
2005-06-22 水 20:26:29 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

「台独意味着戦争」 中国の軍事戦略を読み解く

『台独意味着戦争』

中国の軍事戦略は明らかに『台中戦争』『少数精鋭化』
さらには米国との戦争も意識していると言える。

台湾の独立は、中国に戦争というオプションを持たせる事は、
みなさんのご承知の通りだろう。
中国の軍事戦略上、重要視されている台湾との戦争準備としては、
空中給油訓練の実施が挙げられるだろう。
人民解放軍空軍第一軍第一師団はすでに空中給油訓練を実施済みである。
これは台湾侵攻の作戦能力が大幅に上がったことを意味する。
また、2005年までに配備される東風11、東風15中距離弾道弾が
台湾侵攻を暗示しているとも言える。
理由としては、中国が台湾へ本気で侵攻する場合、
台湾への第一波攻撃には弾道ミサイルを使う可能性が濃厚である事、
そして何より、新配備の東風中距離弾道弾の照準は台湾へ向けられている事が
台湾への脅威と言える要因である。


介入するであろう米国との戦争も意識

実際に『台中戦争』が行われた場合、米軍は必ず介入してくるだろう。
では人民解放軍は「米国介入」の場合を想定して、
具体的にどのような戦略をとっているのか。



[戦略抑止]
・潜水艦搭載型戦略ミサイルの開発・配備。
・核ミサイル・核爆弾の大量配備。
・単弾頭ミサイルの多弾頭化による強化。

[本土防衛]
※中国は米国のハイテク兵器などの空爆対策を念頭に置いている。
・重要拠点の対空防衛強化。(中国単独では困難)
・ロシアなどの新鋭兵器の輸入、技術購入。

[海上防衛]
・対艦巡航ミサイル・水雷攻撃強化。
・日本の米軍基地に対するミサイル攻撃の準備。
・米軍の指揮通信・偵察能力を無力化するため、
 寄生衛星兵器などの各種兵器の開発・配備。


日本への多大な影響

中国はこれらの米軍対策を行っているのはおわかりいただけただろう。
また、注目したいのは在日米軍基地、日本への攻撃を示威する事や、
苦戦を強いるであろう米軍が同盟を理由に「後方支援」や
「海上自衛隊の協力」を要請する可能性なども、否定できない。
また、台湾で戦争が起こった場合、
中国海軍の海上封鎖なども十分に考えられる。
南シナ海、東シナ海が海上輸送路、シーレーン【日本の生命線】が
危険にさらされるだろう。日本が輸入する石油のほとんどが
ここを通っている事にも赤線を引いておきたい。

『台中戦争』『米中戦争』は日本にとって無縁の問題ではないのだ。


人民解放軍の『少数精鋭化』

中央軍事委員会は「2005年までに人民解放軍の人員を20万人削減」と発表した。
これの意味する事は、「軍縮」が目的でない事は誰もがわかることだろう。
国境の部隊の人員を削減するものの、空軍・海軍の兵員は増えていく。
これは人民解放軍がさらに「近代化」している事を意味しているとも言える。
さらに20万人を削減しても、やはり世界第一位の兵員という事には
全く変わりは無い。
減らした分だけ部隊の質も上がる。
20万人分の各装備、それの維持費などがかなり浮く。
少数精鋭化や合理化、それに伴う最新武装の導入が進んでいく。
5年後、10年後には中国は台湾を武力で完全に制圧だけの
戦力を保有すると見られている。

北朝鮮だけでなく、中国は『もうひとつの脅威』という事を、
我々は確認しておかねばならないだろう。


これを書いたのは2年前だな。

スポンサーサイト

コメント

Non Title
>これを書いたのは2年前だな。
酒噴いちゃったぢゃないですか。
2005-06-22 水 20:26:29 /URL /usam /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。