初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


学校の怪談は二回映画館に行った唯一の映画。
その頃は、4時44分44秒に意味も無く浮かれてたおwwww



…って、やっぱり滝川クリステルかいっ!!
2007-06-14 木 16:40:57 /URL /考え中 /編集

 童心を忘れないように、という結論でも無理があったからなあ。文章纏めるのがどんどん下手になってる。

 ゴジラとポケモンは1回目の上映終わっても劇場を出ず、そのまま見直しました^^^^^^

 学校の怪談って4だけ印象薄いんだけど、どんなだっけな・・・
2007-06-14 木 21:02:17 /URL /Senshu /編集

謝罪しる!
賠償しる!
2007-06-16 土 19:19:00 /URL /patriot-a /編集

反省してる、でも謝罪も賠償もしない^w^w^
2007-06-16 土 21:20:10 /URL /Senshu /編集

コメントの投稿


秘密にする

正直ここまで纏まりの悪い最後を迎えるとは思っていなかった、正直反省してるし、体育大会の作文への創作意欲も失せにけり

 いつからだろうか、私が夜を怖くなくなったのは。

 私が幼い頃、祖父母宅に泊まるような時にはいつも、環境の変化からなのか、何時まで経っても寝付けないということが多々あった。畳に布団を布いて寝るものだと相場が決まっていた私には、羽毛の布団と高級感溢れる布団が、どうにも肌に合わなかったようで、11時、12時、そして1時、2時と時刻は回っていく。

 ちょうどその当時、というかそれぐらいの年齢ならばどの世代であれ経験するものなのだろうか。私の周りには都市伝説だとか、七不思議だとか、怪奇現象だとかの、いわゆるオカルトに纏わる怪談話等を収めた本が氾濫していたのである。アニメ版の放送はまだ後のことだったが、実写映画の学校の怪談シリーズ(監督は平成ガメラの金子だ!)が夏には放送され、ノストラダムスだとかを扱ったオカルトブームに肖って、テレヴィでは常にオカルトや怪奇現象絡みの番組や特番が組まれる。

 メディアは子供の好奇心と恐怖心を煽りたて、そして児童向けにも怪奇体験のようなものを扱う本が溢れていたような時代だったので、私も例に漏れず夜が怖かったのである。

 であるからして、時刻が回って3時になろう時には、「ああ、花子さんが出るのではないか」、或いは「4時44分44秒に時計を見たら私は冥界へと幽閉されてしまう」などということをも本気で考えていたのである。祖父母宅での寝泊まりはそういった意味で私にとっては記憶に残っていた。

 辰の刻など言語道断、子の刻ですら怖く、12時というのを大人への境界線だと思い、それ以降というのは完全に魔物が巣くう未知の世界と認識していた当時の私が、今の私を見たらどう思うだろうか。深夜帯にも平然とテレヴィを見たりネットをしている私を、である。コンビニにすら夜食を求めて深夜に平然と家を出ていくことなど考えられもしなかっただろう。

 いつからこうなってしまったのだろうか、と考えたときに真っ先に思いつくのは、あのニュース番組が全ての始まりなのではなかろうかと思い当たる。

 世が世ならイラク戦争なども始まり、流石にもう夜が怖いということはないにせよ、別段夜更かしすることもなく、健全な時間に就寝する生活が続いていたのだが、やはり社会問題や国際情勢に興味を持ってくると、夜のニュースをついつい観てしまうのは当然といえば当然の流れと言えよう。

 ちょうど筑紫哲也のNews23が多事争論を終えるとき、大抵はそのままテレヴィの電源を落とすところを、ふとチャンネルをフジ・テレヴィへと変える。

 そこで私は観たのである。ブラウン管に映る、壮麗の美女を。「魅惑の斜め45度」がはにかみながらこちらを見つめる。日本人とフランス人とのハーフの女子アナウンサー。そう、それが滝川クリステルとの出会いだった。

 思えば私が夜更かしを始めたのは、滝川クリステルのためだった。そしてクリステル姉様の出演するNewsJapanが終わる時間帯には、キッズステーションで、そしてテレヴィ東京で、アニメをやっていることも知るようになるのだが、それはまた別の話。

 クリステルについて書こうにも、残念ながら「我々の火力(=ネタ)は無限ではない!(byガメラ2の自衛隊)」のであるからして、オチが無い。頑張ったのである。頑張ったのではあるが、子供時代まで話の風呂敷を大きく広げすぎたので、収拾がつかないのである。とりあえず落ち着け、お膣毛などと他人の言っていた下ネタを乗せてお茶を濁すという、かくしてこのブログの今までの中で最悪のオチで終わりをこの記事は迎えることになったのである。お休み
スポンサーサイト


コメント


学校の怪談は二回映画館に行った唯一の映画。
その頃は、4時44分44秒に意味も無く浮かれてたおwwww



…って、やっぱり滝川クリステルかいっ!!
2007-06-14 木 16:40:57 /URL /考え中 /編集

 童心を忘れないように、という結論でも無理があったからなあ。文章纏めるのがどんどん下手になってる。

 ゴジラとポケモンは1回目の上映終わっても劇場を出ず、そのまま見直しました^^^^^^

 学校の怪談って4だけ印象薄いんだけど、どんなだっけな・・・
2007-06-14 木 21:02:17 /URL /Senshu /編集

謝罪しる!
賠償しる!
2007-06-16 土 19:19:00 /URL /patriot-a /編集

反省してる、でも謝罪も賠償もしない^w^w^
2007-06-16 土 21:20:10 /URL /Senshu /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。