初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
>日本は独断専行し、アジア諸国の信頼を得られなくなり、
>日本の右翼分子もただこざかしい敵となるだろうと。
しかし、この支那の言うアジア諸国というのはどちら様なんですかね?
(やっぱり、中韓朝なんですかね?
日本の右翼分子より、中国の右翼分子をどうにか指定欲しい折れガイル
2005-07-25 月 03:20:04 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

赤い小林よしのり『日本論』の中身

「日本論」

lunriben3.jpg


私たちは日本右翼分子と政治家が歴史を直視できることを強く望み、
真剣にあの戦争を反省して心から中国人民に向って謝罪して、
中日両国の本当に友好的な付き合いのために譲歩せよ。
さもなくば私はこう固く信じる。
日本は独断専行し、アジア諸国の信頼を得られなくなり、
日本の右翼分子もただこざかしい敵となるだろうと。

日本軍に抵抗した戦場と遺跡を多く訪問したことがあり、
同時にいくつかの日本軍に抵抗した生存者、抗日の英雄を訪ねて、
大量の歴史資料と史実を閲覧し、1年の時間を費やして
この「日本論」を編集した。


日本論

第一部 歴史、戦争

前書き
1、“四十七浪人”と史太郎
2、豊臣秀吉
3、釣魚島
4、島国の心理状態
5、武士道の落とし穴
6、軍国主義の形成
7、江華条約
8、台湾事件と北京条約
9、日清戦争
10、八ヵ国連合軍と義和団事件
11、日露戦争
12、21ヶ条の要求
13、明治維新
14、皇姑村事件と済南の悲惨な事件
15、九·一八事件と上海抗日戦争
16、西安事変
17、盧溝橋事変と平津の戦い
18、引き分けで大勝の太原の会戦
19、東條英機

第二部 文化の浸透

20、“日本”と“支那”を議論する
21、中国文明の受益者
22、聖徳太子
23、中国の政体を取り入れること
24、飲食の日本人への影響
25、生活習慣の日本人への影響
26、日本と中国の交流


網易 NET EASE 文化ニュースより
usamさんに情報提供感謝!
「そんな存在を中国共産党は作り出」せました【日本論】赤い小林よしのり誕生!
スポンサーサイト


コメント

Non Title
>日本は独断専行し、アジア諸国の信頼を得られなくなり、
>日本の右翼分子もただこざかしい敵となるだろうと。
しかし、この支那の言うアジア諸国というのはどちら様なんですかね?
(やっぱり、中韓朝なんですかね?
日本の右翼分子より、中国の右翼分子をどうにか指定欲しい折れガイル
2005-07-25 月 03:20:04 /URL /いつでもどこでも名無 /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

1.「靖国神社参拝」問題の本質:
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。