初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

mp3再生可、44kHz対応・・・最強の音楽ケータイはアドエスだ

 音楽ケータイと銘打った端末の多くが現状で、音楽ファイルをちいち低音質の拡張子に変換したり、あるいはキャリアお仕着せのロクでもない使い勝手のソフトウェアで転送したりというのが必須である。

 「着うたフル」「LISMO」などで「音楽ケータイ」を謳うauが、専用ソフトで変換する元ファイルですらmp3は許さず、WMAやHE-AACなどの後進国規格を強要するので、ユーザーは仕方なくmp3をWMAに変換してから、再度コンバートを行うのだが、結局のところ苦労の末に出来上がったファイルの形式はAAC(笑)なのだから、音楽ケータイとしての使えなさっぷりには目も当てられない。

 既にHDD上にある汎用的な音楽ファイルを手軽に持ち出して再生するポータブルデバイスにこそ意義があることすら見いだせないのなら、彼らは永遠にジョブズに勝つことなどできないのである。

 インセンティブ漬けで新規契約0円のアドエスを購入した諸君はすぐさま以下を実行しよう。

1-1,Windows直下のuse44khz.exeを実行する
1-2,「はい」を選択してリセット

 非常に簡単だ。旧esで音楽ファイルを再生して絶望に浸っていた諸君は、この感動を、進化を味わって欲しい。「出来の悪いFMラジオ」のような音質が、そこらのポータブルオーディオプレイヤーと遜色のない段階へと昇華する。iPod nano(だったか?音質が最悪のやつ)は越えているだろう。MortPlayerのWVGAスキンをググればiPodスキンも出てくるので、Xcrawlと併せてiPodケータイだとか言い張ってくれて構わない。SDHC8GBも動かそうと思えば動くらしいので、その辺りも検討しよう。

 use44khzがデフォルトでもいいのにね。通話品質とトレードオフになるからなのかな。mp3が着信に対応しなくなった仕様改悪と同じく、カスラックへの配慮なのかもしれないけどね。カスラック氏ねばいいのにね。

 あー、DoCoMoのSonyEricsson端末はmp3を直で聴けるらしい。Cyber-shotケータイがmp3再生できるなら白ロム買うよ(笑)

 リナザウで44kHz対応なんてのは、ねーわな。あー、ザウルスフォンがほしー>< 普通にW-SIM+クラムシェル型・大画面でZaurusに先祖帰りしてくれるなら、違約金払ったって買っちゃうのに・・・
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。