初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿


秘密にする

ミサイル防衛に関する考察

ヘリ搭載新鋭イージス護衛艦、2007年に舞鶴配備
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__kyodo_20050626ts007.htm
ヘリ搭載の新鋭イージス。これはもはや舞鶴港にみら(ry

レーダーで補足困難な巡航ミサイルの技術がイランから北に流出、日本全土射程に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=0000-san-int
高い高い金をかけるMD計画に早速危機が。
核も搭載可能なこの巡航ミサイル(北のノドンでは不可能)だが、これで多くの国民のMD信仰が修正されるのか。
戦車には対戦車ミサイルがあります。
地雷には地雷除去の装備があります。
それと同様に、弾道弾にはMDがある。
MDは万能でもなんでもない。
弾道弾を迎撃するという限定的な役割しかない。
それ以上でもそれ以下でもない。
そうであるにも関わらず、この異常な開発費用は何なのか。
対戦車ミサイル買うのや地雷除去用のミサイルを買うのとはわけが違う。
1兆円である。
粉飾された迎撃実験とその結果(旧専守防衛の文なので消滅)、MDによってアジアへターゲットを移す死の商人、米国軍事産業。
MDという脅威対応型の防衛政策では危ういのでは無かろうか。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。