初めて当ブログをご覧になる方へ

2ch発!24時間放送を目指す放送局 ジャーナリスト宣言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

Non Title
ガサラギは西田先生萌えAnimeです。
2005-07-11 月 16:23:59 /URL /蓮田 /編集
Non Title
このアニメ朝よくみてたwwwwww
2005-07-11 月 17:13:34 /URL /にしこり /編集
Non Title
戦場で能を舞って鬼を召喚するシーンが記憶に残っているのだが
2005-07-12 火 09:10:54 /URL /kokoge /編集
Non Title
当時十台でしたが普通に見てましたよ。

今はタチコマ一筋ですが!


2005-07-12 火 09:30:30 /URL /オズマ /編集
Non Title
西田せんせぃー!
一清の声にときめいておりました。
こまめに変わったOP。
作画はSEED並の高レベル。
24話の戦闘シーン、鳥肌がたつほどに美しく・・・
2005-07-12 火 09:54:23 /URL /マスターうー /編集
Non Title
大学にいた頃、毎週日曜の『ガサラキ』は凄く楽しみでしたが、いやたしかにこれって日曜の明るい時間よりは深夜向けの、大人向けな内容のアニメだったと当時から思ってたりもしました。
 大学卒業直後に最終話なので、いまだに結末を見てないデス……広島に帰ったらテレ東系見れなかった(未だにテレ東系見れず)orz

 このアニメが好きなら、リアル機動歩行兵器が操縦できるセガサターンソフトの『ガングリフォン』『ガングリフォン2』を強く推薦します。
2005-07-12 火 10:35:48 /URL /Rhino /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-07-12 火 11:19:56 / / /編集
Non Title
村井中尉(ムラチュー)の「ドーパミンレセプション反応」というセリフが今でも耳に残ってます。(笑)
2005-07-12 火 13:07:12 /URL /龍下 /編集
Non Title
バコンバコン地面が陥没したのを憶えているけど、結局アレってなんだったっけ?最初から最後まで見たはずなんだが・・・
2005-07-12 火 21:18:54 /URL /七施野 /編集
Non Title
少なくないという言葉が2回出てくるが、
好きな人は確かに存在していたが、
少なかったのは事実だと思う。

それにしても、もう7年もたつのか・・・
俺も年取ったなぁ
2005-07-12 火 21:25:21 /URL /あつき /編集
Non Title
ガサラキの後にやってた渡辺昇一の新世紀歓談が楽しみでした(爆
2005-07-12 火 23:39:29 /URL /やすぼー /編集
Non Title
ガサラキで特筆すべきことは、
この前番組が子供向け王道魔法少女アニメ「ファンシーララ」であること(in テレビ東京)。
毎週かわいいララの活躍を楽しみにしていた女の子達を一気に血なまぐさい現実味のありすぎる世界に引きずり込んだ容赦の無いアニメ。

これ見たらSEEDの戦闘シーンなんて見れない。
2005-07-13 水 00:01:12 /URL /ほろろ /編集
Non Title
ファンシーララはファンシーララで、魔法少女ものの異端者ではある。
2005-07-13 水 09:40:14 /URL /synonymous /編集
Non Title
たくあんの缶詰が無性にたべたくなったアニメだった。
十勝での実験隊員の表情がなんとも・・・
2005-07-13 水 18:32:00 /URL /tokachi /編集
Non Title
一般的にはB級あつかいっだったのね、たしかに知ってる人少ないかも、
個人的には同時期のアニメの中ではトップクラスだったのだが。
2005-07-13 水 21:06:35 /URL /通りすがり /編集
Non Title
コングロマリットって言葉、このアニメで初めて聞いた
2005-07-13 水 22:17:20 /URL /g-r /編集
Non Title
TAでF-15とガチファイトしてたのを覚えているな。
しかも痛みわけだったし。
あれは衝撃だった。

飛行機に勝てない二足歩行兵器なんてこれが初めてだったんじゃない?


2005-07-14 木 22:16:44 /URL /popo /編集
Non Title
横田のF15とは痛み分けだったけど、Suは2機撃墜な。
回を負うごとにムラチュウの存在が大きくなり……
漏れの中では最高傑作だけど>ガサラキ
LD-BOX買っちゃったよ。
2005-07-18 月 18:51:47 /URL /暴論大帝 /編集
Non Title
横田で撃墜したのはF/A22ラプターだよ。
(アメリカ軍の最新鋭戦闘機が日本に配備か・・2017年だからか)
「ラプターには勝てない。にげて」っていわれたのに対し
目視照準で撃墜したんだよね。
ユウシロウもえー

2005-07-25 月 12:43:16 /URL /西田せんせーい! /編集
Non Title
ありえないアルムブラストの掘削力、ウインチで6t(全備)
上げたら建物のほうが持たないだろうetc.そんな事を吹き飛ばす
TAのかっこよさにひたすらシビれるのが正しい見方ですな。

2005-08-04 木 16:05:23 /URL /いつでもどこでも名無 /編集
Non Title
「日本を潰しにかかったアメリカを、日本の最新技術兵器が粉砕!」なんて火葬戦記は、湾岸戦争&バブル崩壊と共に滅亡しました。
 それから10年はずして作られたこの作品、
「反米クーデターを正当化するためだけの世界設定」
「デモ隊が国会包囲?10年どころか30年はずしてる」
「1枚絵さえ使わない、エヴァ以下の長くてだるい説明ゼリフの山」
「ヲタがヲタ向けに書いたような、謎と戦闘シーンで延々引いた挙句放り出したストーリー」
「台詞が棒読み&感情表現もほぼ皆無、見るに値しない主役カップル」
「自らは法にも何も従わないくせに、人外の力にすがってまで国民を従わせようとする西田のダブルスタンダード」
「アメリカ(&影の組織)の陰謀戦争なんてネタは、ヴェトナム以来のマンネリ」
「アメリカがあそこまでされて引くわけない。あの当時でさえご都合主義がバレバレ」

 …麒麟も老いれば、駑馬にも劣る(この後の『火の鳥』もひどかった)

 リアリティより絵的なすごさを求める、ただのアニオタたる私にとって一番まずいのは、TA対MFがリアルで地味過ぎたことでしょう。
 あのエヴァの人外の戦闘シーンの後で、ただ建設重機ぶつけ合ってるだけみたいな代物見せられてもね…
 現用兵器との対峙云々も、ご都合主義丸見え。随伴歩兵なしの戦車隊?ミサイルでアウトレンジ攻撃しない戦闘機?ありえねぇ!
 (TA最大の脅威は、高機動な対地攻撃ヘリのATM&機関砲だと思いますが…出せるもんなら出してみろ、リアルが売りなんだろ?)

 そもそもロボット兵器>(越えられない壁)>通常兵器は、マジンガーZ以来のマンネリです。
 下手に小さくてリアルな分だけ、嘘臭さがいっそう際立ちます。

 正直、「鬼畜米英に一矢報いた!万歳!」に反応する人以外には、面白くもおかしくもない作品です。
2005-09-08 木 20:53:58 /URL /やはりB級>リアルタイムで見ていたノンポリアニオタ /編集
Non Title
西田さん萌え萌え
2005-10-05 水 12:31:06 /URL /じじぃ /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-02-11 土 01:15:03 / / /編集

対地攻撃ヘリはフェイクが落としているはず
2006-10-29 日 05:49:53 /URL /ささみ /編集

>随伴歩兵なしの戦車隊?
あっても結果はかわらないと思うが?
>ミサイルでアウトレンジ攻撃しない戦闘機
スホーイ戦のことならサンプルの回収が目的だから戦闘機側がミサイルを問答無用で使うことは無い。そもそも現場のパイロットは丸腰の輸送機だと思い込んでたんだぜ。
横田にしても飛行場とはいえ自陣の舗装地面に向けてミサイルぶっ放す許可がそう簡単に降りるとは思えんよ。管制塔では装甲車か?といってるし。
最初からTAだとわかってたらまた別だろうけど
それとガサラキ世界では基本的にスペックは戦車<TA<戦闘機だよ
結果的にロボット側が勝ってるけどユウシロウだのみだったろ?
2006-10-29 日 06:08:20 /URL /ささみ /編集

この戦いに勝者はいません…確かに貴国はヘゲモニズムを放棄した。だがそれは決して、挫折ではない。我々もあらゆる攻勢を中止しました。疑念を捨て互いに理解し合う。この単純な行為が現実に政治の場で示される事は殆どありません。
それを貴方は示した。

にしだひらくのことばより
2006-11-05 日 16:25:45 /URL /西田先生萌 /編集

ガサラキ面白かった。

能と最新鋭兵器の競演

萌えたね
2007-08-10 金 15:37:06 /URL /nasu /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-02 日 02:22:29 / / /編集

>>作画はSEED並の高レベル。

明らかにSEEDよりいいだろカス
2007-10-09 火 18:00:15 /URL /tenro /編集

どう考えても超S級です。
あんなに痺れるアニメはそうそうありません。ED曲も素晴らし過ぎた。


ただ構成や製作がカツンカツンでガタガタだっただけです。
2007-12-14 金 04:45:13 /URL /くがい /編集

胸が張り裂けそうに切なくなりました。

OP/ED曲、とても素敵です。
音楽は全てを語ってくれる気がします。
ガサラキの魅力を思い知らされハッとしました。

確かに主人公のキャラは希薄。儚く繊細、掴み所の無い。
しかしそれはユウシロウだからこそ。想像力を掻き立てられる魅力があります。ユウシロウは色気がある。あの空気、たまりません。笑

分かる人だけ分かればいい。
私的に色々な意味で日本人の血が騒ぐ作品だと思います。私は大好きです。

映画みたかったな。



2007-12-30 日 22:33:19 /URL /ゆーしろー /編集

当時13、4才だった私は4話から見たのですが、OPを見た瞬間から鳥肌が立ちっぱなしで、その後しばらくは見る度に鳥肌が立っていたのを覚えています。あんな作品は最初で最後でしょう。難解なストーリーと希薄な人物像で面白くないと酷評されますが、私には理解出来る、考えさせられる内容とキャラクター達だったと思います。何時間も前に早起きして待つのが楽しかった、面白い作品です。
2008-01-26 土 01:31:47 /URL /佑 /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-04-16 木 08:35:58 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-10 木 18:50:47 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-10 木 18:50:47 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

アニメレビュー 知られざるハイクオリティアニメ「ガサラキ」はB級か

※注意)
[2007年5月22日]新規にガサラキについてエントリーを投稿しました。
このエントリーって中途半端に見ただけでコメントしてるなあって思います。
全部観てから、暫くしてから客観的に見つめると、また違ったエントリーが上がるんだなあ、と実感した次第です。




国連安保理常任理事国入りを果たした日本は、カネではない、海外派兵による
「血の貢献」を必然的に求められた。そこで海外派兵を前提とした「第四の自衛隊」である
「特務自衛隊」が創設された。
2017年、独裁国家ベギルスタン共和国での大規模な爆発事故を米偵察衛星が確認、
米国はベギルスタンは大量破壊兵器を保持していると断定し非難、国連は査察を要求するが、
独裁者スチルバノフ大佐はこれを拒否。安保理はベギルスタン攻撃を決議、多国籍軍が
ベギルスタンに侵攻した。ベギルスタン紛争勃発に伴い、日本は特務自衛隊をベギルスタンに
派遣する。
そんな中、ベギルスタン首都カハ市で多国籍軍は大敗を喫していた。多国籍軍を破った
それは紛れもなく、豪和インスツルメンツが開発し特務自衛隊の配備するものと同様の
二足歩行兵器だった。特自第三実験中隊、二足歩行兵器TA(タクティカルアーマー)
「17式雷電」。市街戦を想定し、従来は困難とされていた二足歩行を可能とした新型兵器
TAは、ベギルスタンへと派遣される。
そして、多国籍軍を破ったメタルフェイクを目撃する…。



・・・


これはアニメの話である。
これから放映するアニメだろうか。

いや、違う。

実はこれ、7年も前に放映されたロボットアニメ「ガサラキ」なのだ。

「スゴいけど面白くない」と評されたリアルロボットアニメ「ガサラキ」

まず、ガサラキのオープニングは、歩兵の展開と戦車のシーンから始まる。
そしてタクティカルアーマー(TA)との戦闘に入る。
先に言うと、ガサラキにおいてはロボットとの戦闘よりも通常兵器との戦闘が多い。
これは特筆すべき点だ。

第一話はTAの作戦を描いている。
(後々、シミュレーションだとわかるが)
TAの投入には輸送機からの降下展開が用いられる。装甲車にも重火器で対抗する。
アニメの後半では石舞台での舞が描かれる。リアルロボットアニメに能の舞というのが実験的である。
舞を行っているのは主人公のユウシロウ。だが、外部からの干渉が行われる。
「呼び戻さないで、恐怖を」

第二話では、特自の派遣にTAを持っていかせる為の豪和インスツルメンツの動きを描く。
アニメの最初に出てくるのは、ベギルスタン共和国の大量破壊兵器疑惑に起因するベギルスタン空爆
の海外報道だ。

クルス参謀


査察受け入れを拒否したベギルスタンに多国籍軍が侵攻する。
因みにベギルスタン共和国の独裁者スチルバノフ大佐の顔はフセインそっくりだ。

スチルバノフ大佐


もっとも、トルコの空軍基地から空爆などと言っている時点で地理的にベギルスタンはイラクとわかる。
シナリオも湾岸戦争をなぞっている。
安保理、多国籍軍、湾岸戦争などを持ち込んだロボットアニメが他にあっただろうか。
そしてベギルスタン首都カハ市に突入した多国籍軍は、壊滅する。
TAと同様の二足歩行兵器の鉄鋼誘導弾によって。
そんな中、企業の特自へのTAに関する説明が行われる。

ロボットアニメにおいて難しいのは「存在の正当性の証明」である。

ガンダムなら、ミノフスキー粒子の発見によりレーダーが無効化し近接戦闘の必要性が増大した。
だからモビルスーツがある。

パトレイバーなら、土木作業機械レイバーを使ったレイバー犯罪の増加による警視庁特車二課の設置。
だから警察用レイバーがある。

そう、ロボットアニメにはこうした存在理由が必ずあるのだ。
ガサラキなら、市街戦闘などの限定的な戦闘での確実な勝利と、二足歩行の高い機動力。
だから二足歩行兵器がある。

ガサラキ

まあ、ガサラキの場合はいかにして高い機動力と制御を可能にしたかの説明の方が興味深い。
実際にブリーフィングの後のテストで世界有数の機動力を持つ一二式戦車をTAは追い越した。
「これは一体どういう兵器なんだ?」

そして市街戦闘の実戦テストが開始される。
TAはワイヤーにて建造物の屋上に上がり、ミサイルにより戦車4両を颯爽と撃破する。
装甲車も撃破していき、実力をまざまざと見せつけ、ベギルスタンへのTA派遣が決まったのであった。

TA戦闘シーン

だが、このハイクォリティアニメ「ガサラキ」は、はっきり言って人気がなかった。
そもそもガサラキと言ってわかる者は多くない。
ガサラキの監督はリアルロボットアニメのボトムズの監督で、パトレイバーのロボットデザインをした
スタッフがTAをデザイン。
にもかかわらずなぜ人気が無いのか。

まず、本来の26話から25話に話数が減らされ、最終話を25話に詰め込んだこと。
打ち切りかのように見えなくもないし、印象も良くない。
劇場版も企画倒れとなった。

そしてなによりもキャラクターの感情も稀薄だ。

アニメなどの作品とキャラクターの関係には二通りある。

物語の駒としてキャラクターが存在するケース、
キャラクターを機軸に物語が進むケースだ。


前者は映画や短期連載、OVAや押井守作品に見られる。
後者は週刊誌連載、連続テレビアニメーションに見られる。
ガサラキは前者である。
だが、それが仇になっている面も否定できないだろう。

アニメ作品とキャラクターの関係を言えば、ガサラキの場合は前者であろう。
だが、ガサラキはOVAでも映画でもない。連続テレビアニメーションシリーズである。

他のアニメと比べて、顕著にキャラクターが物語の駒と化している。
主人公にいたってもほとんど意思が無い、自己主張に乏しいのだ。
性格が良くないのではなく、性格が無いのだ。
キャラクター全般に言えるが、感情移入がしづらいのだ。

もちろん、物語の駒としてのキャラクターを用いたアニメの成功例はある。
それは連続テレビアニメーションシリーズでも無いはずが無い。
だが、ガサラキには他にも要因があった。

テーマを詰め込み過ぎた、それもアニメらしからぬテーマを詰め込み過ぎたことだ。

特自の軍事クーデター、挙国一致体制となった日本、経済摩擦から始まる日米衝突。

政治色があまりにも強過ぎたのだ。

もちろん、それを好む人は少なくないが。(俺とか

BGMも少なく、寂しい。

終盤の精神崩壊的な展開はエヴァ的で、ミハルが綾波に似ていると言うのも嘘ではない。

・・・

だが、ロボットにもさまざまな斬新なアイディアが盛り込まれていることは事実だし、(搭乗方式、武装、鬼)

TA搭乗方式

政治色が強いからこそ、面白いと言う人も少なくは無いはずだ。
「アメリカに勝った」というシーンで涙する人と嫌悪する人がいるかもしれないが、
やはり好みの問題だ。大量破壊兵器保有の誤認からイラク(ベギルスタン)への攻撃が始まり、
民主化に終わると言う極めて予言的な内容。海外派遣専用組織である特務自衛隊も国連待機軍構想を
思わせる。何にせよリアルな戦闘シーンは誰がどう言おうと秀逸。
他のロボットアニメとは一味違った楽しみができよう。

B級かどうかはあなたの目で判断すべき。

それがガサラキだ。
スポンサーサイト


コメント

Non Title
ガサラギは西田先生萌えAnimeです。
2005-07-11 月 16:23:59 /URL /蓮田 /編集
Non Title
このアニメ朝よくみてたwwwwww
2005-07-11 月 17:13:34 /URL /にしこり /編集
Non Title
戦場で能を舞って鬼を召喚するシーンが記憶に残っているのだが
2005-07-12 火 09:10:54 /URL /kokoge /編集
Non Title
当時十台でしたが普通に見てましたよ。

今はタチコマ一筋ですが!


2005-07-12 火 09:30:30 /URL /オズマ /編集
Non Title
西田せんせぃー!
一清の声にときめいておりました。
こまめに変わったOP。
作画はSEED並の高レベル。
24話の戦闘シーン、鳥肌がたつほどに美しく・・・
2005-07-12 火 09:54:23 /URL /マスターうー /編集
Non Title
大学にいた頃、毎週日曜の『ガサラキ』は凄く楽しみでしたが、いやたしかにこれって日曜の明るい時間よりは深夜向けの、大人向けな内容のアニメだったと当時から思ってたりもしました。
 大学卒業直後に最終話なので、いまだに結末を見てないデス……広島に帰ったらテレ東系見れなかった(未だにテレ東系見れず)orz

 このアニメが好きなら、リアル機動歩行兵器が操縦できるセガサターンソフトの『ガングリフォン』『ガングリフォン2』を強く推薦します。
2005-07-12 火 10:35:48 /URL /Rhino /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-07-12 火 11:19:56 / / /編集
Non Title
村井中尉(ムラチュー)の「ドーパミンレセプション反応」というセリフが今でも耳に残ってます。(笑)
2005-07-12 火 13:07:12 /URL /龍下 /編集
Non Title
バコンバコン地面が陥没したのを憶えているけど、結局アレってなんだったっけ?最初から最後まで見たはずなんだが・・・
2005-07-12 火 21:18:54 /URL /七施野 /編集
Non Title
少なくないという言葉が2回出てくるが、
好きな人は確かに存在していたが、
少なかったのは事実だと思う。

それにしても、もう7年もたつのか・・・
俺も年取ったなぁ
2005-07-12 火 21:25:21 /URL /あつき /編集
Non Title
ガサラキの後にやってた渡辺昇一の新世紀歓談が楽しみでした(爆
2005-07-12 火 23:39:29 /URL /やすぼー /編集
Non Title
ガサラキで特筆すべきことは、
この前番組が子供向け王道魔法少女アニメ「ファンシーララ」であること(in テレビ東京)。
毎週かわいいララの活躍を楽しみにしていた女の子達を一気に血なまぐさい現実味のありすぎる世界に引きずり込んだ容赦の無いアニメ。

これ見たらSEEDの戦闘シーンなんて見れない。
2005-07-13 水 00:01:12 /URL /ほろろ /編集
Non Title
ファンシーララはファンシーララで、魔法少女ものの異端者ではある。
2005-07-13 水 09:40:14 /URL /synonymous /編集
Non Title
たくあんの缶詰が無性にたべたくなったアニメだった。
十勝での実験隊員の表情がなんとも・・・
2005-07-13 水 18:32:00 /URL /tokachi /編集
Non Title
一般的にはB級あつかいっだったのね、たしかに知ってる人少ないかも、
個人的には同時期のアニメの中ではトップクラスだったのだが。
2005-07-13 水 21:06:35 /URL /通りすがり /編集
Non Title
コングロマリットって言葉、このアニメで初めて聞いた
2005-07-13 水 22:17:20 /URL /g-r /編集
Non Title
TAでF-15とガチファイトしてたのを覚えているな。
しかも痛みわけだったし。
あれは衝撃だった。

飛行機に勝てない二足歩行兵器なんてこれが初めてだったんじゃない?


2005-07-14 木 22:16:44 /URL /popo /編集
Non Title
横田のF15とは痛み分けだったけど、Suは2機撃墜な。
回を負うごとにムラチュウの存在が大きくなり……
漏れの中では最高傑作だけど>ガサラキ
LD-BOX買っちゃったよ。
2005-07-18 月 18:51:47 /URL /暴論大帝 /編集
Non Title
横田で撃墜したのはF/A22ラプターだよ。
(アメリカ軍の最新鋭戦闘機が日本に配備か・・2017年だからか)
「ラプターには勝てない。にげて」っていわれたのに対し
目視照準で撃墜したんだよね。
ユウシロウもえー

2005-07-25 月 12:43:16 /URL /西田せんせーい! /編集
Non Title
ありえないアルムブラストの掘削力、ウインチで6t(全備)
上げたら建物のほうが持たないだろうetc.そんな事を吹き飛ばす
TAのかっこよさにひたすらシビれるのが正しい見方ですな。

2005-08-04 木 16:05:23 /URL /いつでもどこでも名無 /編集
Non Title
「日本を潰しにかかったアメリカを、日本の最新技術兵器が粉砕!」なんて火葬戦記は、湾岸戦争&バブル崩壊と共に滅亡しました。
 それから10年はずして作られたこの作品、
「反米クーデターを正当化するためだけの世界設定」
「デモ隊が国会包囲?10年どころか30年はずしてる」
「1枚絵さえ使わない、エヴァ以下の長くてだるい説明ゼリフの山」
「ヲタがヲタ向けに書いたような、謎と戦闘シーンで延々引いた挙句放り出したストーリー」
「台詞が棒読み&感情表現もほぼ皆無、見るに値しない主役カップル」
「自らは法にも何も従わないくせに、人外の力にすがってまで国民を従わせようとする西田のダブルスタンダード」
「アメリカ(&影の組織)の陰謀戦争なんてネタは、ヴェトナム以来のマンネリ」
「アメリカがあそこまでされて引くわけない。あの当時でさえご都合主義がバレバレ」

 …麒麟も老いれば、駑馬にも劣る(この後の『火の鳥』もひどかった)

 リアリティより絵的なすごさを求める、ただのアニオタたる私にとって一番まずいのは、TA対MFがリアルで地味過ぎたことでしょう。
 あのエヴァの人外の戦闘シーンの後で、ただ建設重機ぶつけ合ってるだけみたいな代物見せられてもね…
 現用兵器との対峙云々も、ご都合主義丸見え。随伴歩兵なしの戦車隊?ミサイルでアウトレンジ攻撃しない戦闘機?ありえねぇ!
 (TA最大の脅威は、高機動な対地攻撃ヘリのATM&機関砲だと思いますが…出せるもんなら出してみろ、リアルが売りなんだろ?)

 そもそもロボット兵器>(越えられない壁)>通常兵器は、マジンガーZ以来のマンネリです。
 下手に小さくてリアルな分だけ、嘘臭さがいっそう際立ちます。

 正直、「鬼畜米英に一矢報いた!万歳!」に反応する人以外には、面白くもおかしくもない作品です。
2005-09-08 木 20:53:58 /URL /やはりB級>リアルタイムで見ていたノンポリアニオタ /編集
Non Title
西田さん萌え萌え
2005-10-05 水 12:31:06 /URL /じじぃ /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-02-11 土 01:15:03 / / /編集

対地攻撃ヘリはフェイクが落としているはず
2006-10-29 日 05:49:53 /URL /ささみ /編集

>随伴歩兵なしの戦車隊?
あっても結果はかわらないと思うが?
>ミサイルでアウトレンジ攻撃しない戦闘機
スホーイ戦のことならサンプルの回収が目的だから戦闘機側がミサイルを問答無用で使うことは無い。そもそも現場のパイロットは丸腰の輸送機だと思い込んでたんだぜ。
横田にしても飛行場とはいえ自陣の舗装地面に向けてミサイルぶっ放す許可がそう簡単に降りるとは思えんよ。管制塔では装甲車か?といってるし。
最初からTAだとわかってたらまた別だろうけど
それとガサラキ世界では基本的にスペックは戦車<TA<戦闘機だよ
結果的にロボット側が勝ってるけどユウシロウだのみだったろ?
2006-10-29 日 06:08:20 /URL /ささみ /編集

この戦いに勝者はいません…確かに貴国はヘゲモニズムを放棄した。だがそれは決して、挫折ではない。我々もあらゆる攻勢を中止しました。疑念を捨て互いに理解し合う。この単純な行為が現実に政治の場で示される事は殆どありません。
それを貴方は示した。

にしだひらくのことばより
2006-11-05 日 16:25:45 /URL /西田先生萌 /編集

ガサラキ面白かった。

能と最新鋭兵器の競演

萌えたね
2007-08-10 金 15:37:06 /URL /nasu /編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-02 日 02:22:29 / / /編集

>>作画はSEED並の高レベル。

明らかにSEEDよりいいだろカス
2007-10-09 火 18:00:15 /URL /tenro /編集

どう考えても超S級です。
あんなに痺れるアニメはそうそうありません。ED曲も素晴らし過ぎた。


ただ構成や製作がカツンカツンでガタガタだっただけです。
2007-12-14 金 04:45:13 /URL /くがい /編集

胸が張り裂けそうに切なくなりました。

OP/ED曲、とても素敵です。
音楽は全てを語ってくれる気がします。
ガサラキの魅力を思い知らされハッとしました。

確かに主人公のキャラは希薄。儚く繊細、掴み所の無い。
しかしそれはユウシロウだからこそ。想像力を掻き立てられる魅力があります。ユウシロウは色気がある。あの空気、たまりません。笑

分かる人だけ分かればいい。
私的に色々な意味で日本人の血が騒ぐ作品だと思います。私は大好きです。

映画みたかったな。



2007-12-30 日 22:33:19 /URL /ゆーしろー /編集

当時13、4才だった私は4話から見たのですが、OPを見た瞬間から鳥肌が立ちっぱなしで、その後しばらくは見る度に鳥肌が立っていたのを覚えています。あんな作品は最初で最後でしょう。難解なストーリーと希薄な人物像で面白くないと酷評されますが、私には理解出来る、考えさせられる内容とキャラクター達だったと思います。何時間も前に早起きして待つのが楽しかった、面白い作品です。
2008-01-26 土 01:31:47 /URL /佑 /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-04-16 木 08:35:58 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-10 木 18:50:47 / / /編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-10 木 18:50:47 / / /編集

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。